無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「不織布マスクには戻れない」人気の国産「洗える夏用シルクマスク」に新柄登場。

ライフスタイル

洗える夏用絹マスク(花織地紋柄)

洗える夏用絹マスク(花織地紋柄)

京都の呉服卸「マルヒサ」の「京都きもの京小町」が販売している「洗える夏用絹マスク」に新柄「花織柄」が加わりました。

絹の心地よさ

「洗える夏用絹マスク」は、キシリトール・抗菌のダブル加工。水分に反応して涼しさを感じられます。

生地は天然素材の「絹」を使用。絹は本来もつとされる力に抗菌作用、紫外線カット、抗酸化作用、肌に優しい、臭いがつきにくいなどがあり「天然のエアコン」とも言われているそう。着物を織る技術を応用し、特殊メッシュ織で息苦しさを軽減しています。

2枚の薄手の生地の間に不織布が入った3層構造で、ノーズワイヤーが入っているためしっかり形をキープします。絹の精錬加工から縫製までを全て日本国内で製造しています。

これまで「千鳥格子柄」が出ていましたが、新たに「花織地紋柄(小さな四角の点模様で花の形を織り表された柄)」が加わって販売されています。白地の布にさりげなくオシャレな柄がとても上品です。

洗える夏用大人用絹マスク(千鳥格子地紋柄)

「洗える絹マスク」シリーズを買った人からは

「絹マスクの良い点はこの心地良さです。これになれると不織布マスクには戻れません」
「マスク装着による肌荒れも改善されたし、化粧崩れもおきにくい気がします」
「どこにつけて行っても恥ずかしくない」

といった感想が寄せられています。

価格は「洗える夏用大人用絹マスク」が税込2200円、「洗える夏用子供用絹マスク」は税込1980円です。

インターネット・ショッピングモール「楽天市場」内「京都きもの京小町」で購入できます。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ