無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これなら真似できる!「ワイヤーネット」の上手な使い方10選

インテリア

ワイヤーネットは手で折り曲げることができるので、曲げたい箇所に体重を乗せれば結束バンドがなくても好きな形に変えられます!タオルなどを置く場合、引っ掛かる可能性のある結束バンドを使うよりも、曲げて作るのがおすすめです。

⑤繋げるだけでおしゃれな演出も

ありそうでなかった驚きのアレンジ方法がこちら。ワイヤーネットを繋いで、ヘキサゴンシェルフに大変身!サイズを変えて同じものを作れば、大小2つのシェルフを並べて飾ることもできますよ。

⑥狭いスペースにも大活用の“裏収納”

デッドスペースの扉の裏にワイヤーネットを付けて収納場所を確保すれば、リビングにごまごました物が溢れることはなくなるはず。フックやホルダーを使用しているため、用途に合わせて配置を変えることも簡単です。

⑦パソコン裏のコード収納

デスク周りでコンセントやコードなどが絡まってしまうことってありませんか?

そんな時、パソコンの裏にワイヤーネットをくっつけて配線をまとめれば、こんなにスッキリとした収納ができるんです。テレビの配線収納としても使えるので、ぜひ活用してみてください。

⑧塗装して見せたくなる収納に

白いワイヤーネットに塗装で色を付ければ、高級感のあるインテリアに!あまりスペースが取れない玄関などでも、ワイヤーネットを壁にくっつけるだけで、鍵や印鑑などのちょっとした小物を置くことができます。

⑨天井から吊り下げてカフェ風空間

すのことワイヤーネットを組み合わせたものをロープで天井から吊り下げれば、空間を上手く使った“ハンギングディスプレイ”を楽しめるアイテムが作れます。

ドライフラワーや電球を掛けるだけでおしゃれ度が急上昇!お部屋の雰囲気もガラリと変えてくれますね。

⑩フェイクグリーンを取り入れて、季節感のある収納に

記事に関するお問い合わせ