無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ダイソー』のタピオカが「108円の味じゃない」と話題 その真相に納得

100yen

ダイソーの108円タピオカミルクティーが激ウマだと話題。その理由を調べると納得だった。

様々なモノを100円(税別)で購入することができる、庶民の味方の代表格「ダイソー」。

頭のてっぺんから足の指先まで庶民の記者は週6ペースで通っているのだが、そんな記者も「いくらダイソーでもさすがにこれは……」と購入をためらっていた商品があった。

■108円のタピオカミルクティー

それがこの「タピオカミルクティー」。店で購入すれば安くとも300円台~というイメージのタピオカだが、この商品は税込み108円。コンビニで販売されているタピオカ系商品と比べてもかなり安い。

しかし、ネット上では「意外とおいしい」「108円の味ではない」「ステイホーム中のタピ活にいい」「リモートワークに最適」などの声があがっていた。実際のところはどうなのだろうか……しらべぇ編集部でも商品を購入し、味わってみることに。

関連記事:コスパ良すぎる100円ローソンのスイーツ 6月の新商品もハイクオリティだった

コスパ良すぎる100円ローソンのスイーツ 6月の新商品もハイクオリティだった

■「乾燥タピオカ」がお目見え

株式会社ドウシシャと東亜産業が共同開発したこの商品。乾燥黒タピオカと烏龍ミルクティーの粉末が袋に入っており、これをカップに入れてお湯を注ぐことで完成する。

乾燥タピオカは実際に手に取ってみると、思いのほかしっかりしている感じ。今回は氷を入れてアイスにしてみた。

■5分で見事な変身

粉末に熱湯を注ぎ、待つこと約5分。想像以上にしっかりとしたタピオカミルクティーが完成した。

味も一口飲んで驚いてしまうほど、インターネット上の評判どおりのおいしいタピオカミルクティーである。

さすがに専門店のほうが本格的な味だとは思ったものの、それはラーメンとカップラーメンを比べるような話。数分前まで粉末だったとは思えないほど、まろやかで上品な甘み、芳醇な香りを感じられる。

タピオカも量こそ少なめではあるものの、しっかりとした歯ごたえを楽しむことができた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ