無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな食材も冷凍できるの!?調理時間や手間を短縮するためのテクニック

子育て

忙しいママにとって、さまざまな食材を冷凍し保存しておけば、調理の手間が省けて便利ですよね。野菜や冷凍食品、お肉に魚介類……と、冷凍庫の中が常にいっぱいというママも多いのではないでしょうか。あるママからママスタコミュニティにこんな投稿が寄せられました。

きのこ類

『きのこ類』
『きのこは複数の種類混ぜてきのこミックスにしている』

きのこ類は傷みやすい食材のため、冷凍保存に適した食材の代表格と言ってもいいかもしれません。ママの声にあるように、さまざまな種類のきのこをミックスして冷凍保存をしておけば、パスタや炒め物の具材になりますし、スープに入れてもよさそうです。ただしきのこを冷凍するときは、風味が落ちる可能性もありますので洗わずに冷凍することをオススメします。1カ月くらい冷凍保存ができるようですので、こちらもぜひ試してみたいですね。

そのほかにも冷凍保存を試したくなる食材が登場

『豆腐。自然解凍したら豆腐の風味や食感とはまた違った、厚揚げみたいなものができる。煮物などにどうぞ。豆腐が特売のときにたまに冷凍します。よく煮物にする。おいしいよ』
『バターと生クリーム』

豆腐にバター、生クリームなど、驚きの食材がつぎつぎに登場しました。豆腐は冷凍保存すると水分が抜け、高野豆腐のような食感になり、豆腐とは違った味わいを楽しめそうですね。生クリームは冷凍すると風味が落ちることもあるようですが、できなくはなさそうです。お菓子づくりで余った場合、冷凍してみてもいいかもしれません。バターも冷凍保存できることにはびっくりですね!

あさりだって冷凍できる!

『あさり。砂抜きをしてから冷凍する』
『私もあさり。旦那が好きだから買ってきた日にしか食卓に出さなかったら、旦那に「冷凍すれば」って数年たってからいわれた。「早く教えてよ!」ってなったわ』

ママたちの声で筆者が驚いたのはあさりでした。言われてみれば冷凍食品としてアサリは売られていますので、冷凍できそうですよね。

冷凍前にやっておきたい、アサリの砂抜き方法

ママたちの声によると、あさりの冷凍保存は砂抜きの下処理をしたあとのほうがよいそうです。

東京都島しょ農林水産総合センターのホームページでは、砂抜きの方法がこのように紹介されています。

『2%から3%の食塩水(海水の塩分濃度)の中に1時間から3時間ほど漬けておく。高水温下では低水温下よりも短時間で砂抜きできる。潮干狩りでとったものは、現場の海水に漬けて持ち帰れば、家に着く頃にはたいてい砂抜きができている』

(引用:アサリ|東京都島しょ農林水産総合センター)

砂抜きをしてから冷凍保存をしておくと、突然あさりを使った料理がしたいときに重宝しそうですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ