無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『イッテQ』森三中・大島、過酷ロケに泣く後輩への対応に称賛の声

エンタメ

過酷な渓流下りがどうしてもできずにいた椿鬼奴。そこへ、“親方”こと森三中・大島美幸が取った行動は…

5日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、普段はあまり公開されない「女芸人軍団の過酷ロケの裏側」の一部が公開された。

涙を流すほど恐怖を感じてしまった椿鬼奴へ、森三中・大島美幸が取った行動に多くの反響が寄せられている。

大島美幸

■「滝の逆さ下り」に恐怖…

同日の放送では、海外ロケに出られない代わりに、感染症対策を意識しながら、女芸人軍団による都内でのデイキャンプの模様を放送。

滝や渓谷で遊ぶ「キャニオニング」を体験していく中で、鬼奴は小さな滝を頭から後ろ向きで下る「滝の逆さ下り」がどうしてもできず、恐怖心から涙をこぼしてしまう。

すると、女芸人軍団の「親方」こと大島が、「説得に行くね」と1人取り残された鬼奴の元へ。

関連記事:『イッテQ』手越祐也、中国ロケに反響 “控室で震える姿”が映される

『イッテQ』手越祐也、中国ロケに反響 “控室で震える姿”が映される

■自ら2回滑り「大丈夫だよ」

うずくまりながら、「やる意味を感じない」と嘆いていた鬼奴。これまでにも数々の過酷なロケを経験してきた大島は「それを考えちゃったら答えはないかもしれない」と語りかける。

そして「今行けって言われたらすんなり行けちゃうよ。やってみようか?」と、すでに1回滑り終えているにも関わらず、大島はもう一度「滝の逆さ下り」に挑み、サッとこなした後、笑顔で「奴ー! 大丈夫だよー!」とアピール。

大島の男気溢れる姿に背中を押され、鬼奴もその後無事に「滝の逆さ下り」をやり遂げることができた。

■大島親方の「男気」に多くの反響

「イッテQ!女芸人軍団」の中では、「親方」として共演者たちから慕われている大島。

彼女が皆から「親方」と呼ばれていることが良く分かる内容に、視聴者からも「大島さんの説得の仕方に器の大きさを感じてほっこりした」「大島さんいい先輩だなぁ」「大島親方がカッコよすぎた…」など、多くの反響が寄せられている。

関連記事:『ヒルナンデス』南原、森三中・大島の復帰に 「なんか顔が…」

『ヒルナンデス』南原、森三中・大島の復帰に 「なんか顔が…」

■尊敬できる先輩に出会えた人は約3割

「いい先輩」という声も多数あがっている大島。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,653名を対象に実施した意識調査において、「尊敬できる先輩がいる・いた」と回答した人は、全体で約3割という結果に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ