無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ジフ」がすごいんです!お掃除グラマー愛用の洗剤活用術14選

ライフスタイル

お掃除洗剤「ジフ」がすごい!

いろんな物を磨いて家中ピカピカに

今、お掃除インスタグラマーさんの間で「ジフ」という洗剤が注目されています。昔からあるクリームクレンザーで、いろんな物を磨いてきれいにします。

今回はそんな「ジフ」の活用術の特集です。

キッチン掃除

1.鍋の焦げ汚れとサヨナラ

鍋やフライパンの焦げ付きや汚れが気になるときは、ジフとスポンジを使ってこするときれいになります。専用のスポンジを用意することも大切。

いつも使っている食器洗い用のスポンジを使うと、他の食器を洗うときに研磨剤で傷つけてしまうかもしれないので、洗剤ごとに使い分けるのがベターです。

2.シンクのざらつき・くすみを取ってピカピカに

キッチンのシンクは、水垢や洗剤かすでざらついたりくすんだりします。そこでジフをシンクにたらして、食品用ラップを使ってこすりましょう。スポンジだと吸ってしまい研磨効果を発揮しないため、ラップがおすすめ。

蛇口もしっかりと磨けば、ピカピカ輝くシンクになるでしょう。

3.IHの頑固な焦げ付き・油汚れもおまかせ

IHコンロの頑固な焦げ付きや油汚れは、ジフをたらしてラップでくるくるとこすりましょう。あとは布巾で拭き上げるだけで、ピカピカになります。

4.汚れやすいキッチン台もさらっときれい

調理をするキッチン台もジフで掃除できます。こまめに掃除すれば強く研磨する必要もないので、ラップではなくスポンジでOKです。このようにシンク、IHコンロ、キッチン台とジフはキッチンをまるごときれいにできます。

記事に関するお問い合わせ