無料の会員登録をすると
お気に入りができます

在宅勤務中、デキる人たちが買ったモノ やっていたことが超参考になる

ライフスタイル

自粛要請が緩和された現在でも、感染症対策のため、テレワークを継続している企業は少なくない。

しらべぇ編集部では、在宅ワーク歴が長い人や、在宅勤務期間中に仕事の成績や生産性を向上させたという人々に、自宅で仕事をするために「どんなモノを買ってどんな工夫をしていたのか」を聞いてみた。

■仕事をする椅子はケチらずに

在宅ワーク歴3年以上で、フリーランスとして活動するAさん(20代男性)は、「5万円程度のゲーミングチェアを購入しました。腰を考慮するとかなりいい感じです」と、自宅で仕事をするようになってから、「椅子」にはこだわっていると話す。

コロナ禍での在宅勤務中に腰を痛めたという、別の20代男性も「思い切ってべらぼうに高い椅子を買いました」と話していた。

関連記事:起きてからずっとそのまま 約4割が「テレワーク中にパジャマで仕事」

起きてからずっとそのまま 約4割が「テレワーク中にパジャマで仕事」

■コーヒーは「豆から挽く」

また、仕事をするうえで「コーヒー」を重要視する人も少なくない様子。前出のフリーランスのAさんは、「ベタですが、仕事を開始する前にコーヒーをいれてます。ルーティンにすれば自然とやる気が出ますし、豆を挽いてるので匂いも部屋に広がっていい感じです」と、コーヒーがオン・オフのスイッチになっているそう。

また、緊急事態宣言の影響で在宅勤務になったという別の会社員の男性も、「コーヒーを入れる用のケトルを買いました! なるべく普段出社時と環境を変えないようにしたく…」と、デスクワーク中のコーヒーの重要性を語ってくれた。

■しっかり眠ったら成績トップに

中には、在宅勤務になったタイミングで生活習慣を見直し、仕事にも良い影響が出たという人も。

IT企業に務めるBさん(30代男性)は、「就寝〜起床時間は在宅勤務前とあまり変わらないのですが、昔は思い出したらつける、くらいだった歯ぎしり予防のマウスピースを今は毎日つけて寝てます。そうすると、朝の目覚めがめちゃくちゃ良くなってます」と、睡眠の質の改善に努めたそう。

さらに「家で作業して家でお昼ご飯を食べた日は、必ず15分ほどにタイマーをセットして昼寝」という試みも実践した結果、仕事の成績も伸び、睡眠の重要性を改めて感じたようだ。

関連記事:在宅勤務の陰で注意すべきこととは何か 「家事業務は3割増しに」

在宅勤務の陰で注意すべきこととは何か 「家事業務は3割増しに」

■「仕事着」を決めて形から入る

業務の都合上、コロナ禍以前から自宅で仕事をする機会が多かったという会社員のCさん(20代男性)は、在宅ワーク中心ながら大出世を果たした、いわゆる「エース社員」。

そんなCさんは、現在のワークスタイルになってから「良いデスクトップパソコンとサブモニターを買いました。サブモニターはあったほうが便利」という。

また、自宅でも集中力を保つ工夫としては「仕事するとき専用の制服も用意してました」というストイックぶり。普段はデスクトップで仕事をしているようだが、気分転換で部屋の場所を移動してノートパソコンで仕事をしたり、意識して休憩を取ることも重要だと話す。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ