無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運を良くしたいならやってはいけないこと

占い

なぜあの人は運が良いの?そんなふうにうらやましく思ったことはありませんか。西洋占星術の考え方を取り入れた「運が良くなる方法」を占い師のかたやま伸枝さんに教えてもらいました。誰でもできる簡単な方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

そうすれば得意分野で力を発揮し、好きなものに囲まれ、不得意なことやつらいことをできるだけ避けることができます。

当たり前のようですが、今はもう成長して自分の強みや弱点が変わってしまったのに、小さい頃に聞いた親や古い友人の言葉をそのまま信じている人は多いものです。

今、自分の強みと弱点をしっかりつかんでいるか、機会があれば、比較的最近できた友達に確認してください。

(4)人生の目標や夢を持っている

人生の目標や夢がなくても、普通に生きていくことはできます。

しかし夢や人生の目標を持って生きている人は、目標達成や夢をかなえること、その一方向に力を無駄なく注ぐので、精神的なエネルギーのロスがありません。

チャンスが巡ってきた時、その一点に集中してすばやく力を発揮するため、人がうらやむようなエネルギーの波に乗ることができます。

(5)観察力が高い

運の良い人は精神的に安定しているので、自分のことだけにとらわれず、周囲をしっかり観察して、状況に応じた行動ができます。

すると巡ってきたチャンスを見逃さずにキャッチできるのです。

また周囲の人に対しても、高い観察力を生かして、相手のプラスになる対応ができます。だから協力してくれる人がどんどん増えていき、良い運を回してもらえるようになるのです。

(6)程良い高さの自尊心を持っている

自尊心が高すぎて、すぐに他人を見下したり、不平不満を口にしたりするのは考えものですが、逆に「どうせ私なんて」が口癖の、自尊心が低すぎる人も運をつかむことはできません。

自分のことを大事に思い、同時に他人のことも大切にできる人は、ごく自然に運が上がっていくようです。

運が良くなる行動と考え方

運を良くするには、心のバランスのとれた状態が良いというのはお分かりいただけたと思います。

その上で、チャンスを見逃さずにとらえる観察力と行動力が必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ