無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人と差がつくアイテムを手にしよう!シンプルでも個性的な白トート

ライフスタイル

広島県尾道市に工房兼ショップを構え、丈夫で使いやすい帆布のバッグを作るブランド「SILVER(シルバー)」。帆布のカラーは白(生成り)のみでシンプルなのに、どこか個性的で存在感があります。さらに、使い込むことで味わいが増し、あなただけのものになっていく。そんな過程を楽しませてくれるバッグです。

使い込まれて完成に近づいていく、余白のあるバッグ

「SILVER(シルバー)」は、友枝正典(ともえだまさのり)さんが手掛ける帆布のバッグやウェアのブランドです。
友枝さんは古着が好きだったことからジーンズに興味を持ち、岡山のジーンズメーカーに勤務していました。当初から作る側の立場になりたいとの思いがあり、レザー工場などでも経験を積んで独立。その後、バッグを製作しネットのみで販売していましたが、2018年末にブランド名を「SILVER」と改め、広島の尾道にFACTORY&SHOPをオープンしました。

ブランドのデザインソースは、友枝さんご自身が集めているヴィンテージやミリタリーのバッグです。素材は分厚い4号帆布や薄手でソフトな10号帆布など、4種の帆布を使い分け、丈夫さと使いやすさ、さらには使い続けた先の経年変化も考慮しながら改良。負荷がかかる部分は二度縫いしたり補強を加えたりと丁寧に製作しています。

カラー展開は、「LIFE IS A CANVAS」のコンセプトに基づき、白(生成り)のみ。
「CANVAS」には帆布と、絵を描くキャンバスの意味があり、使うことで汚れが味になり色づいていくと考えられているのです。作りの面でも、持ち手の長さを変えるなどのカスタマイズができたり、壊れた部分を補強して形が多少変わったりと、手にした方が完成させていく余白が残されています。
また、「これ何に使うの?」と思われるような驚きや楽しさがあるもの作りを心がけているそう。そのため、「シンプル」という言葉にはおさまらない存在感のあるバッグが揃います。数あるなかから今回は、トートバッグをピックアップしてご紹介します。

ポケットや持ち手の付き方に工夫があるトート

ツールバッグ(工具入れ)から着想を得た「SLOPE TOTE」は、友枝さんが最初に作ったというバッグ。今もなお、試行錯誤を重ねながら作り続けられているアイテムです。

丈夫さを追求し、肉厚な6号帆布を、脇に継ぎ目がない筒状の形に仕立てています。
外側両面に計7つのポケットがあり、傾斜や段差が付けられているのは、少しでも出し入れがしやすくなるようにとの配慮。それが見た目にも、一般的なトートバッグとは異なるユニークなポイントとなっています。

長い持ち手は全体が本体に固定されているわけではなく、ところどころ開きがあるため、定規などの棒状のアイテムを通して持ち歩けます。

口元は2ヵ所にドットボタンがついていて、中身が丸見えになってしまうことを防ぎながらも開閉は簡単。内側にも計3つのポケットがあり、スマートフォンなどの小物をしまうことが可能です。

たくさん荷物を入れて使い込むと、帆布が柔らかく風合いを増し、手に持ったときや肩に掛けたとき、身体に馴染むのを感じられますよ。5年間修理保証のシリアルNoつきで、万が一壊れてしまっても修理をしてもらえ、長く使い続けることができます。

SLOPE TOTE 高さ40cm×ヨコ巾(底)38cm×マチ20cm  9,350円(税込)

意外なところに取り付けられるミニサイズトート

同じく 6号帆布を使用した「CHAIR」。こうして正面から見ると、背が低くて横長のフォルムがちょっとだけ個性的というだけのトートバッグです。なぜ椅子を意味するCHAIRという名前が付けられているのでしょう?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ