無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高級フルーツブランドのWeb限定ゼリーも!お取り寄せOKな老舗銘菓9選

グルメ

やさしい甘さと軽い口当たりのゴーフル/上野凮月堂

洋菓子店「上野凮月堂」は、1747年創業。大阪から東京へとやって来た初代が京橋に開いた「大坂屋」から始まります。誠実な人柄で知られた二代目が、松平定信公から「風月堂清白」の五文字を賜ったことから、現在の店名となりました。

同店の顔ともいうべき「ゴーフル」は、直径約15cmのウエハースでクリームを挟んだ、軽い口当たりのお菓子。バニラ、ストロベリー、チョコレート風味の3種類を詰め合わせた「ゴーフル8枚入(缶)」(1,080円)が定番です。

発売された昭和初期は甘みの強い和菓子が多かったため、やさしい甘さの「ゴーフル」は高級感があると喜ばれたのだそう。ミントグリーンの缶がステキですが、お得に買うなら5枚入りで550円の箱入りもありますよ。

江戸時代から焼いていたと伝えられる「東京カステラ」(大3,024円)も、同店の定番商品。一つ一つ銅釜で焼き上げる“六面焼き”が特徴で、上下側面の6面が綺麗なキツネ色に仕上がっています。

レトロな缶の中に、カットされていないカステラの塊がどーんと入っています。卵とハチミツがたっぷり使われていて、ずっしり&しっとり。淡白な味わいでやさしい後味が特徴です。

上野凮月堂 本店

所在地:東京都台東区上野1-20-10

ほろりと崩れてやさしい味が広がる“逆”黄身しぐれ/清月堂本店

1907年に現在本店のある銀座7丁目で創業した「清月堂本店」。創業者が残した“一代一菓”という言葉を胸に、それぞれの代で時代に合った菓子作りを続けてきました。

同店の代表銘菓「おとし文」(5個入756円)は、白あんにゆで玉子の黄身を混ぜた黄身あんをこしあんで包み、強い蒸気で蒸した和菓子。蒸すことであんの味がまろやかになり、表面に美しいひび割れができるのだそう。口に入れるとほろりと崩れ、玉子のやさしい味が広がるのが魅力です。

黄身しぐれと呼ばれるこの類のお菓子は、中にこしあん、外に黄身あんを使うのが一般的。逆になっているのがユニークですね。また、あんに和三盆を加えることで品のある甘さが際立っています。

鮮度を保つパッケージに入っているため、保存料を使っていないにも関わらず、未開封で製造日から20日ほど持つのもうれしいところ。桜の花入りの「麗」、抹茶入りの「萌」など、季節ごとに登場する期間限定品もチェックしてみて♪

清月堂本店

所在地:東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビル1F

見た目もステキ♪風が吹き寄せた幸せを召し上がれ/銀座 菊廼舎

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ