無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高級フルーツブランドのWeb限定ゼリーも!お取り寄せOKな老舗銘菓9選

グルメ

名のある老舗のスイーツは手土産のテッパンですが、たまには自宅でいただいてみたいと思いませんか?今回はすべて公式オンラインショップでお取り寄せOKな、都内で100年以上続く老舗店のお菓子を厳選。高級フルーツブランドのWeb限定ゼリー、見ているだけでハッピーになれそうな干菓子、室町時代から続く店の饅頭など、豪華なラインナップですよ。

1890年に銀座で歌舞伎せんべいを売り出したのが、和菓子店「銀座 菊廼舎(きくのや)」の始まりです。大正後期、二代目が現在まで続くロングセラー商品「冨貴寄(ふきよせ)」を考案。現在は五代目が切り盛りしています。

風に吹き寄せられた葉っぱや木の実を表した「冨貴寄」は、小さなおせんべいや金平糖、落雁(らくがん)など、小さくてかわいらしい干菓子を約30種類集めた一品。“風が運ぶ愛らしいものたちは、幸せをもたらすものであってほしい”。そんな願いを込めて「冨貴」の字が当てられているのだそう。

オススメは富士山と美しい日本の四季を表現した「冨貴寄 特撰缶JAPAN(中缶)」(3,780円)。小缶と大缶もあります。明るくやさしい色合いで、缶を開けて眺めるだけでも幸せな気持ちになれること間違いなし。食べればいろいろな食感と味わいが楽しめて、お口の中もハッピーに♪

お祝いの贈り物にもピッタリですが、自宅に取り寄せてテンションを上げてみるのも◎

銀座 菊廼舎

所在地:東京都中央区銀座5-8-8 銀座コアビルB1F

しっとり&ふんわり♪ザラメがアクセントの素朴なカステラ/文明堂

「文明堂」は1900年に長崎で創業、その後東京に進出して斬新な販売方法や広告でカステラを全国に広めた菓子店。バームクーヘンやフルーツケーキといった洋菓子も扱っています。

今回ご紹介するのは、創業期の配合に一番近く、伝統的な製法で仕上げた「カステラ」(1本5切675円)。濃い焼き色と断面のコントラストが美しく、食欲をそそります。食べればしっとり&ふんわり、底に敷かれたザラメの食感がアクセントになっています。味はプレーンと抹茶の2種類です。

リニューアルと同時に、6月からオンラインショップでも購入できるようになったのは、小ぶりのどら焼き「月三笠」(8個入1,296円)です。 (※日本橋本店など直売店での取り扱いはなし)

これまでよりもしっとりふんわり、やわらかい皮を実現。すっきりした甘さと口どけの良さを楽しめます。届いてから約24日間と賞味期限が長いので、一人暮らしでもまとめ買いができますね。10個入り、12個入りもあります。

やさしい味わいのカステラやどら焼きは、ミルクと相性バツグン。カフェオレやティーオレと一緒に食べてみて。

文明堂 日本橋本店

所在地:東京都中央区日本橋室町1-13-7

江戸っ子が愛した味!極薄皮の金鍔とコクのある飴/榮太樓總本舗

1818年、和菓子店「井筒屋」の三代目が日本橋に屋台を開きました。やがて金鍔(きんつば)が評判となり、1857年に店を構えると、自身の幼名にちなんで店名を「榮太樓(えいたろう)」と改めました。これが「榮太樓總本舗(えいたろうそうほんぽ)」の始まりです。

「榮太樓 名代金鍔」(1個238円)は、現在も同店を代表する銘菓。たっぷりのあんを小麦粉生地で極薄く包むのが伝統で、ごま油で焼く製法も変わっていません。2010年には日持ちする個包装化に成功。袋を開けたときの香ばしい匂いが食欲をそそります♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ