無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

ライフスタイル

【熱帯夜でも快眠する方法①】冷却枕を使って頭をひんやり冷やす

www.kobayashi.co.jp

まずはとっても手軽な方法です。頭を冷やすと涼しく寝られるため、寝苦しいときには冷却枕を使うのも一つの方法です。頭を冷やしながら寝ると寝苦しい夜もスッと眠りにつけます。

【熱帯夜でも快眠する方法②】背中にタオルをいれて寝る

www.photo-ac.com

寝ていると汗をかいて寝苦しくなりますね。そんなときには背中にタオルを1枚入れて寝てみるのも手です。背中から流れ出る汗をタオルが絶えずしっかり吸い取ってくれるので、ベタベタせずに快適に寝ることができます。

【熱帯夜でも快眠する方法③】ハッカ油スプレーを寝具に吹きかける

www.photo-ac.com

マスクを快適につけたり、虫よけに使ったりと夏に使うことが多いハッカ油スプレー。ハッカ油スプレーをかけると鼻からも爽やかな香りが感じられ、涼しく感じられます。
ハッカ油スプレーは簡単に作ることができる冷感スプレーなので、寝る前の寝具やパジャマにシュっと吹きかけて眠ると涼しく快適に眠ることができますよ。

【ハッカ油スプレーの作り方】
■材料
・無水エタノール       10ml
・ハッカ油          10〜20滴前後
・水(水道水または、精製水)  90ml

材料をスプレーボトルにいれてよく混ぜたらでき上がりです。
精製水で作る場合は、作った後は冷蔵庫で保存してください。水道水の場合は、塩素が入っているので長持ちするそうですよ。

【熱帯夜でも快眠する方法④】それでも寝苦しい場合はエアコンを上手に使う

さまざまな対策をしても暑すぎて寝苦しいこともあるかもしれませんね。クーラーが苦手な方はもしかしたら使い方を工夫すれば快適に寝ることができるかもしれませんよ。

クーラーを使う場合は、温度設定を26〜28℃にするか、またはドライを効果的に使いましょう。室内が25~27度で、湿度50%ぐらいが夏の適温となります。寝苦しさの一番の原因は、温度より湿度だそうです。
人は眠りに入る前に手足が暖かくなり、熱放散を行います。そして空気に触れて冷えた血液を体内に循環させることによって、体の深部の温度を下げるようです。
ただ一晩中クーラーを利用すると、冷えすぎてしまい逆に体調を崩す方も多いのも事実。そんなときは、タイマーを利用して数時間後に切れるようにセットするか、あるいは別の部屋のクーラーをつけて間接的に部屋を冷やすのも効果的です。

参考:産業保健新聞「寝苦しい夜を乗り切るためには?」

寝苦しい夜を乗り切るためには?

【熱帯夜でも快眠する方法⑤】寝る前の飲み物にも気をつける

暑い夜には冷たいものを飲みがちですが、飲み物をちょっと変えてみると快適に眠ることができるかもしれません。
冷たい飲み物ばかりではお腹を冷やしてしまい、胃腸の働きを悪くしてしまうようです。また、寝る前にコーヒー、紅茶、緑茶などのカフェイン入りの飲み物は神経を興奮させ、眠れなくなってしまうことも。寝る前は、常温の水や牛乳、ハーブティーなどがオススメのようですよ。

参考:産業保健新聞「寝苦しい夜を乗り切るためには?」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ