無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眉を変えれば即今っぽ顔♡プロが教える「眉だけで垢抜けを叶える」簡単テク3選

メイク

ヘアメイクの森田玲子です。メイクの中でも難しいのが眉。ポイントメイクの中でも、難易度は最上級な上に、流行りの眉でいないと、どこかやぼったい印象に見えてしまいます。今回は、今っぽ眉を描けるようになるための重要テクニックをご紹介。いつもの眉メイクに取り入れると、眉レベルが格段に上がりますよ。

実は、眉頭の完成度で眉の美しさは大きく左右されます。

この部分は、くっきり形を付けたり濃く色をのせ過ぎるのではなく、毛流れに沿って上方向に眉を書き足します。

眉頭を書く時は、ペンシルやブラシを握る力を抜いて、軽いタッチで肌に触れるように微調整しましょう。

筆圧が強いと色が濃くのってしまい、のっぺりとした印象に見えてしまうので気を付けましょう。

今っぽい垢抜け眉を作るには、ラインの書き足すところ、ぼかすところにメリハリを付けることを意識しながら、ナチュラルなアーチ眉を目指すのがポイントです。

こんな眉はNG!やぼったく見えるダサ眉3つ

最後に今っぽく見えないNG眉を3つご紹介します。なんだか眉メイクが進化しない、今一つオシャレに見えないと悩んでいる方は、こんな眉になっていないかチェックしてみてくださいね。

NG眉①:眉が目の幅に対して長過ぎる

まずは、目の幅とアンバランスな長過ぎる眉。

眉山が目尻と同じ位置にあり、眉尻も長く、なんだか間延びしたような印象に。眉があまりにも長いと、目が小さく見えてしまうことがあるので要注意です!

NG眉②:眉頭が四角い・濃過ぎる

一生懸命書くがゆえに、四角い形がハッキリと出てしまっている眉頭。

眉頭が四角く、その上全体の眉の濃さが一緒だとキツイ印象に見られてしまうことも…。

NG眉③:眉頭が丸過ぎる・濃過ぎる

眉頭が丸過ぎると、まるでスタンプを押したような眉に。アートメイク直後のような、不自然な印象に見えてしまします。

眉頭はしっかりぼかし、眉毛とメイクがなじむように仕上げることが、今っぽい垢抜け眉には必須条件です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ