無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カジュアルを女っぽく格上げするテクニックって?[おしゃれプロ緊急座談会]

ファッション

世界が大きく変わった今年、女性たちのファッションに対する考え方も変わり、「自分がラクになおしゃれを楽しみたい」という人が増えている様子。チームBAILAが座談会を開き、カジュアルファッションを楽しみながらも女っぽさをキープするのために必要なテクについて、アイディアを出し合いました!

¥15000/デミルクス ビームス 新宿(ヴィオラドーロ)

¥78000/エスケーパーズオンライン(ラッツ モリス)

¥5800/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ボンジュール マダム)

編集U

それと、印象的だったのが「自粛期間中、人に会う機会がとても貴重なものに変わった」という読者の意見。おしゃれのモチベーションが下がるのではなくて、「久しぶりに友人と会うときに何を着ようか、ワクワクしながら考えるようになった」というのが新鮮でした。

湯田

それだけ、あの時期の経験は衝撃的だったんだと思います。ファッションに対する考え方がガラッと変わりましたよね。編集部で会う人たちのおしゃれにも変化を感じました。

伊藤

そうなんですね。たとえば?

湯田

カジュアルなんだけど、これまでと比べるとみんなもっとそれぞれに、工夫してる感じ。
編集U そういえば、今までは撮影で動き回るから、とか大事な予定がないから、という消極的な理由でスニーカーやTシャツを選んでいたこともありましたが、最近はまずカジュアルありきでコーデを考えてます。

伊藤

私もマスクで顔まわりが隠れちゃうので、今年の夏は上半身がのっぺり見えないよう襟のあるシャツをよく着ています。あとは、同じアイテムでも配色をワントーンにしたり。

斉藤

配色で印象は本当に変わりますよね。カジュアルをおしゃれに盛り上げる方法って、ちょっとしたことなんです。でもそれが難しい。
湯田 そう、やっぱりバイラ世代ならただのカジュアルじゃなくて女っぽさや気分を上げてくれるテクニックも知っていたいですよね。

編集U

新しい時代の「きれいめカジュアル」、もっと極めたくなりました!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ