無料の会員登録をすると
お気に入りができます

万能すぎる! 成城石井のバイヤーに聞いた、買って損なしの「調味料」5つ

グルメ

最近は新型コロナウイルスの影響などで、自宅でご飯を作る機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。自分で味を調節するのもいいですが、簡単に味が決まる「調味料」は便利ですよね。

そこで今回、成城石井のバイヤーさんにおすすめの「調味料」を5つ教えてもらいました。どれも万能で、ストックしておきたくなるものばかり。おすすめの理由にも注目です。

コストパフォーマンスにも注目

・成城石井desica マリネの素

成城石井のセントラルキッチンで作っている人気のマリネを、家庭でも簡単に楽しめるよう商品化したドレッシングです。

スペイン産エクストラバージンオリーブオイル、青森県産のにんにくを使用しています。化学調味料は不使用。380mlで価格は399円。

「暑い夏でも手軽に野菜や肉や魚に利用できる調味料です。原材料のスペイン産エクストラバージンオリーブオイルは自社で調達。複数品種をブレンドしたマイルドな規格を当社から現地メーカーに依頼し作っていただいています。それを業務用規格として自社輸入することで、コストも極力抑えられているんです」

・成城石井 煎り酒

焼津のかつお節と北海道産利尻昆布でだしをとり、和歌山の梅干しエキスを加えた、だしの旨みと梅のほのかな酸味を感じられる万能調味料です。豆腐や刺身、炒め物や煮物にはもちろん、オリーブオイルとあわせてドレッシングとしても使用できます。300mlで価格は798円。

「煎り酒をつくるうえで『かつお節』と『梅』、『酒』が柱になることから、この商品は鰹節メーカーにお願いして製造してもらっています。主原料がすべて国産と原材料にこだわり、化学調味料不使用で仕上げたおすすめの調味料です」

・成城石井 なんでもいける胡麻ドレッシング

胡麻の風味を存分に引き出した、甘すぎず、上品な胡麻の香りが楽しめる商品です。サラダはもちろん、豆腐や肉、炒め物のほか、夏は冷やし中華や素麺にも合う、まさに「なんでもいける」万能調味料です。

化学調味料は不使用。280mlで価格は498円。

「成城石井のドレッシングにおいてロングセラー商品であり、春夏秋冬の年間を通して冷蔵庫にあっても困ることのない万能な調味料です」

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ