無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ハッピーターン」がパンに!?開発2年で奇跡的な味わいが実現

人気スナック菓子・ハッピーターンがパンになって新登場!

グルメ

人気スナック菓子・ハッピーターンとメロンパンという驚きのコラボ…fumumu編集部で早速食べてみました。

■パンコーナーに王子

パンコーナーに行ってみると、ひときわかわいいターン王子の姿を発見! いつもはお菓子コーナーにいるので、なかなか見かけない光景です。

パッケージはハッピーターンを完全再現。誰が見てもハッピーターンのデザインとわかる色合いがスゴいですよね!

関連記事:ローソン『カントリーマアムみたいなメロンパン』クッキーと食べ比べ

ローソン『カントリーマアムみたいなメロンパン』クッキーと食べ比べ

■2年の歳月をかけ

今回の新商品は、フジパンと亀田製菓が2018年から企画をスタートし、2年もかかって実現。なかなかコロナの収束も見えないご時世だからこそ、”ハッピーをターン”したいとの想いで発売に至ったそう。

しかしハッピーターンとメロンパンとは…異色すぎて中身の想像がつかないですよね。

パッケージのイラストによると、パンはチーズ風味メロンパンで、中のクリームがハッピーターン味なのだそう。”甘さ”から”甘じょっぱい”への味の変化が楽しめる作りになっているとのことです。

■見た目は王道メロンパン

早速開封してみると見た目は間違いなくメロンパン! サイズも普通でとくに変わった様子もないようです。

真ん中に切り込みがあるので、上部をペラリ。中にはクリームが綺麗に塗られています。

これがハッピーターン味のクリーム…見た目からは未だ予測不能な味を確かめるべく実食に移ります!

関連記事:3週で完売した幻の『メロンパンアイス』さらにおいしくファミマ再登場

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ