無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう周りに振り回されない!左右されない自分を育てる方法って?

あなたは日頃、周囲の心ない言葉や態度に心がざわついていませんか? もう辛い思いをしたくないなら、そうした言葉に惑わされない自分を育てることから始めてみましょう。

2017年5月
ライフスタイル

私、どうして普通のことができないの?

“周囲の言動”に流され、自分を苦しめてない?

あなたは仕事や恋愛で周囲の人との違いに落ち込んだり、何気ない言動に傷ついたりしていませんか?

www.pexels.com

「私どうしてこんなことができないんだろう?」と悩んだり、「〜さんはなぜあんな言葉や態度を取るの?」と苦しくなっているなら、今こそそんな自分から抜け出すとき。

どんなことにも動じない“強い自分”を育てよう

そこで今回は他人に左右されない「強い自分」を作るために実践したいポイントをまとめてご紹介いたします。

www.pexels.com

ストレスや苦しい思いを溜め込む前に、ぜひ一度自分と向き合ってみませんか?

①:人と比べるクセをやめる

比べたところで他の誰にもなれない!

あなたは日常生活の中でついつい他人と自分を比べてしまっていませんか?「〜さんは上司に好かれている」「〜ちゃんの彼はいつも…してくれる」と他人と比べていてはあなたは一生自分の本質に目を向けることができません。

大切なのは、子供の時にきっと一度は教えられた「他の人と比べない」という基本に帰り、他人の言動をいちいち気にしないこと。比べて優越感や劣等感を感じるのは時間の無駄と自分に言い聞かせ、あなた自身に目を向けてみましょう。

②:友達付き合いで無理しない

苦しい関係、本当に必要ですか?

友達との付き合いの中で「無理している」と感じることが増えていませんか?もしその答えがYESなら、そろそろそんな友達と距離を置くとき。

www.pexels.com

友人を失うのは悲しいことですが、自分を苦しめて見失うのはもっと辛いもの。他人に左右されない強い自分を作るためには、時に自分の心に素直になって賢く取捨選択をすることも必要です。

③:意地悪な言葉に耳を貸さない

傷つく言葉を言われたらその本質を見極めて

周囲の人の言葉に傷ついたとき、「きっと彼(彼女)は悪気がないんだ」と寛容になろうとしていませんか?でも本当にそうでしょうか?もしかするとその言葉の裏にはあなたを傷つけようとする明確な悪意があるのかもしれません。

だから大切なのは意地悪な言葉に心を苛まれないこと。傷つく言葉を言われたら、カッと腹を立てたり悲しむのではなく、相手の発言の真意を見極めるようにして冷静になってみましょう。

④:とにかく前だけを向く

“後ろ向きな自分”こそ最大の敵!

あなたは過去の失敗や後悔をいつまでも引きずるタイプ?もしそうなら、今日からそうした後ろ向きな自分とは決別して「前だけを向く」ことを自分に言い聞かせてみましょう。

www.pexels.com

過去から学ぶことは大切ですが、それは後悔や悔恨とは似て非なるもの。これから先に辛い思いをしないためにも前向きになることが必要なのです。ぜひ苦しいときこそ自分にポジティブな言葉をかけて、前向きな態勢を整えてあげたいですね。

⑤:弱音は自分分析のきっかけに

弱音こそ宝。人に愚痴るのはもったいない

辛いことや悲しいことに直面したとき、その弱音はどこに吐き出していますか。もし友人や知人に愚痴ってストレスを発散しているなら、今日からそれらをスッパリやめてみましょう。

強い自分を作るために、弱音は最大の栄養素!ぜひノートや日記に思いをぶつけ、自己分析のきっかけにしてみましょう。他人に愚痴って一瞬の気休めを得るより、自分で原因にたどり着く方が何倍も自分の糧となりますよ。

私は私、と自信を持つことが大事!

私は私と強い信念と自信が持てれば、人生はもっと好転するはず。

ぜひ人間関係で辛い思いをしたときこそ自分を育てるチャンスと捉え、今回ご紹介したポイントを実践してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ