無料の会員登録をすると
お気に入りができます

菅田将暉、“芸能界で一番綺麗な女性”を明かす 「気を抜くと食われる」

色っぽい女優さんに惚れ惚れしてしまうのは仕方ありませんね。

エンタメ

26日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の菅田将暉さんが出演しました。

菅田将暉

■「食われる!」と思った

「芸能界で『この人キレイだな〜』と思った女性は?」という質問に、日本アカデミー賞の授賞式で挨拶をした、女優の宮沢りえさんを挙げた菅田さん。

艶っぽさが印象的で、カッコよさと美しさが共存する宮沢さんの佇まいに「気を抜くと『食われる!』『負ける!』と思わされた」と話しました。

菅田さんに美しいと言われた宮沢さんに対して、ツイッターでは「さすが宮沢りえさん…」「宮沢りえさんは本当に美しいよな……」と納得のコメントが多く見られました。

関連記事:菅田将暉が念願の教師役に! 永野芽郁との共演に期待の声

菅田将暉が念願の教師役に! 永野芽郁との共演に期待の声

■城島リーダー「杉本彩さんの料理がエロい」

「芸能界で『この人キレイだな〜』と思った女性は?」という質問だったはずが、「色気」のキーワードに引っ張られてしまったのか、城島さんは「杉本彩さんの料理がエロい」という話を展開。

「スパイシーな感じとか、生クリームを使ってるものでもどこかねっとりしているような…」と話を進めていた城島さんですが、話が逸れてしまい松岡さんと国分さんによって強制的に終了させられる一幕がありました。

■色気に負けて演技できなかった過去も

しかし、菅田さんは城島さんの話に反応。デビュー作の『仮面ライダーW』で(テレビ朝日系)、母親役だったという杉本さんとの共演エピソードを披露。

「倒れた母親を抱き起こすシーンで、どう触れていいかわからなくなってしまった」と回顧。

国分さんが「それもう演技とかじゃなくて本人出てきちゃってるじゃん」と思わずつっこむと、「当時16歳とかだったんで…」と言い訳をする菅田さんでした。

思春期の男子はなおさら、杉本さんが醸し出す色気にはノックアウトでしょうね…。

(文/fumumu編集部・hayami)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ