無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美人印象はメイクで作れる♡プロが教える「美人見えアイメイク」のコツ

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。メイクをする時、なりたい印象をイメージしてから始めると失敗しにくくメイク効果がアップします。今回は、美人に見えるアイメイクのコツをご紹介します。

メイク

美人に見える目の大きさの黄金バランス

美人の定義は人それぞれかもしれませんが、ここでは多くの人が美人だと感じる印象に目元を彩るメイクを「美人見えするアイメイク」とします。

では、美人に見える目元とはどんな目なのでしょうか?

まず理想の目の大きさは、顔全体のバランスにもよって決まります。

・目の大きさは顔の幅の1/5。目の幅と目と目の間の間隔は、顔の幅に対して等間隔。つまり、目と目の間の間隔は顔幅の1/5。

・顔の縦幅は眉から鼻下、鼻下から顎先まで等間隔が理想。

黄金バランスに近づけるのは、多くの人から美人に見られる近道ですので、ぜひ参考にしてください。

目と目の間隔を調整するメイク方法は、こちらの「あなたは遠心顔or求心顔?顔タイプ別♡魅力を生かす美人見えメイク」の記事を参考にしてくださいね。

あなたは遠心顔or求心顔?顔タイプ別♡魅力を生かす美人見えメイク

光を上手に操って上品な印象と適度なトレンド感を

一方で、平均的な顔が美人と思われやすいという説もある通り、個性の主張が強すぎるメイクは、一般的に美人見えしにくいにということを覚えておきましょう。それが、目をとにかく大きく見せることを目的としたデカ目メイクと、美人見えメイクとの違いになります。

つまり美人見せには、鮮やか過ぎる色や目立ち過ぎるマスカラ、くっきりしたアイラインは避けて、清潔感がある上品な印象を彩ることが大切です。さらに、白目のきれいさや瞳の生き生きとした印象のために光を上手に操ると、驚くほどきれいな印象になります。

また、美人見せを狙うとコンサバメイクになりがちです。古臭い印象にならないよう、アイシャドウのテクスチャーやアイラインの色などで、適度なトレンド感は意識してみてくださいね!

美人ニュアンスを彩るおすすめのアイメイクプロセス

1:まぶた全体にアイシャドウベースを塗って目元に透明感を!

生き生きとした自然なツヤを彩るために、まずまぶたのくすみをとばします。しっとりした質感でほのかな光を感じさせてくれるルーセントカラーのアイカラーがベスト。

おすすめコスメは「マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ BE121」です。

テクスチャーが柔らかく、まぶたへのフィット感が高いシングルアイシャドウ。こちらのカラーは、ほのかなパールが上品なツヤを演出してくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ