無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美人印象はメイクで作れる♡プロが教える「美人見えアイメイク」のコツ

メイク

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。メイクをする時、なりたい印象をイメージしてから始めると失敗しにくくメイク効果がアップします。今回は、美人に見えるアイメイクのコツをご紹介します。

指でまぶた全体にフィットさせるように塗っていきます。

2:ウォームブラウンのアイシャドウで目元に自然な陰影を!

美人見せには、目元に自然な陰影をもたらして大きくいきいきと見せてくれるウォームブラウンのアイシャドウがおすすめです。

おすすめコスメは「セザンヌ トーンアップアイシャドウ 07 レッドブラウン」。

8月に発売された「08 ハニーブラウン」が話題ですが、美人見せならこちらの「07 レッドブラウン」がオススメ。

詳しい塗り方は以下です。

① まずは、Cの締め色を目の形に沿って上まぶたのみ細目にひきます。

② Bのウォームブラウンを入れます。二重幅より少し広めにブラシで入れます。

③ 下まぶた目尻側にBをほんのりとぼかすように入れていきます。

④ Aのカラーを下まぶたにブラシで入れます。目頭にチョンと1点置きすると白目がきれいに見えておすすめです。

⑤ さらに、Aを指にとってアイホールの黒目の上にトントンと乗せるとツヤがプラスされてきれいです。

3:なじみ色のリキッドアイライナーで極細のラインを目の際に

黒のくっきりとしたアイラインは、目元をくっきりと見せてくれるのですが、きつい印象に見えてしまうこともあります。

好感度の高い美人見せを狙うのならば、ブラウンやバーガンディを。黒目が少し茶色い方にはカーキもおすすめです。筆ペンタイプのリキッドアイラインで極細のラインを狙いましょう。

おすすめコスメは「UZU アイオープニングライナー カーキ」です。

熊野の職人の手揉みから生まれる「大和匠筆」はコシがあって描きやすさ抜群!スモーキーなカーキは、ぱっと見た時にアイラインをひいているようには見えない隠れデカ目ラインとしての効果もあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ