無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「在宅」「テレワーク」が求人の新たなキーワードに!新型コロナウイルスの影響でママの働き方も変わりそう

ライフスタイル

新型コロナウイルスの影響で、「会社に出勤せず自宅で仕事」という働き方の人は増えたのでないでしょうか。オンライン型転職エージェント「ジョブクル転職」を運営する株式会社スマイループスが、新型コロナウイルス感染症による求人動向調査を実施しました。そこで明らかになったのは、転職市場における新たなキーワードの出現でした。新キーワードについてみる前に、まずは求人数に大きな変化があった業種をみていきます。

求人数の減少率が高かったのは「販売・サービス業」と「事務・アシスタント業」

まず2019年7月と2020年7月の新着求人数の推移を比較します。新型コロナウイルスの影響もあるのでしょうか。2020年7月の新着求人数は1年前の2019年の7月と比べて全体で15%の減少となっています。なかでも求人数の減少が激しかったのは「販売・サービス業」と「事務・アシスタント業」でした。

2019年7月と2020年7月を比較したとき、「販売・サービス業」はなんと62%もの求人数の減少となっています。「事務・アシスタント職」も63%の減少と、どちらも1年前と比べて6割以上も求人数が減っていることになります。例えるなら1年前には100名の新規求人があったのに、現在は40名を切る求人しか出ていないわけです。新型コロナウイルスによる外出自粛の影響は、転職市場にも及んでいるようです。

応募が増えた求人のキーワードは「在宅」や「テレワーク」

2019年7月時点では、「在宅」や「テレワーク」をキーワードに含んでいる求人への応募率は、含んでいない求人への応募率の約半分となる52%ほどしかありませんでした。在宅でできる仕事への求職ニーズはそれほど高くなかったといえるでしょう。

しかし1年後の2020年7月時点では、「在宅」や「テレワーク」をキーワードに含んでいる求人への応募率は、含んでいない求人への応募率と比べて128%と大幅に増えていました。すべてが新型コロナウイルスの影響とは言いきれませんが、自宅で仕事をする「在宅」や「テレワーク」のニーズの高まりは2020年の7月以降も続いていくのではないでしょうか。

在宅でできるのはどんな仕事?ママたちに聞きました

在宅でできる仕事には、どんなものがあるのでしょうか。

資格が必要な仕事です

『設計図作成』
『知り合いで在宅で仕事している人が何人かいるけど、みんな有資格者か、高学歴の編集者・ライターだわ』

その仕事に必要な資格をもっていれば、働く場所が会社でなくとも自宅でできる仕事はあるでしょう。では資格がなかったら自宅での仕事はできないのでしょうか。実はそうとも限らないようです。

資格がなくても在宅でできる仕事があります

『うちの夫の会社に来る派遣の人がパート事務で在宅だよ。資格はない。もともと会社に出勤だったけど、新型コロナウイルスでずっと在宅になった』
『資格はないけど、校正をやっている。面白くなってきたから、資格をとって本格的にやろうかな』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ