無料の会員登録をすると
お気に入りができます

宝くじで1億円当たったら使い道はどうする?みんなの第1位は……

節約・マネー

「宝くじ当たらないかな」という願望を抱いているママは筆者だけではないはず。「もし、5億円当たったらどうしよう」「まず一括で家を買って旅行に行って、それから……」と、買ってもいない宝くじに妄想を膨らませるのはとても楽しいですよね。

宝くじが当たったら、他の人はどのようなお金の使い方をするのでしょうか。LINEリサーチが日本全国の15~59歳の男女を対象に、宝くじで1億円当たったときの使い道に関して行った調査結果をご紹介します。

20代は36%、30代は67%、40代は78%。この割合って……?

調査ではまず、宝くじの購入経験について聞いています。

宝くじを買ったことがあるかどうかについて、全体では約6割が「ある」と回答。年代別に見てみると、10代では18%と少なかったものの、年齢が上がっていくにつれて割合が上昇し、なんと50代では86%もの人が宝くじを買ったことがあることがわかりました。

宝くじで1億円が当たったら何をする?

次に宝くじで1億円当たったときの使い道です!

総合第1位に輝いたのは「貯金する」。回答数の半数を超えました。将来やもしもの備えのために貯金を重要視する人は多いようです。

LINEリサーチ調べ

続いて「親にプレゼントを買う/親孝行する」が2位、「国内旅行に行く」が3位という結果に。3位と僅差だったのは4位に「家(一戸建てやマンション)を買う」でした。また、5位には「海外旅行に行く」が続きます。

なおランキングにはありませんが、1億円が当たったら「仕事をやめる」と回答したのは全体の1割未満にとどまりました。

使い道を男女別に見てみると違いが!

この1億円の使い道を男女別に深掘りしてみると、おもしろい違いが見られました。1位は男女ともに「貯金する」だったものの、その割合は男性が約5割、女性が約6割という結果に。女性の方が貯蓄に関してシビアなのかもしれませんね。

また女性では3位に「国内旅行に行く」、5位に「海外旅行に行く」がランクインし、6位に「子供の養育費・教育費にあてる」、9位に「美容・エステ代に使う」が入っているのも特徴的。自分のご褒美や趣味だけでなく、子どもの教育資金として使いたい気持ちは、子育て中のママにとって共感できるものではないでしょうか。

そして男性では、3位に「車を買う」がランクインし、女性ではランク外だった「資産運用に使う」が6位に。また10位以内には入らなかったものの「仕事の資金にする」を選んだ男性は女性の約2倍、「土地を買う」を選んだ男性は女性の1.4倍という結果となりました。男性は投資や資産運用などで、宝くじで得たお金をどう増やすかという意識を女性よりも強く持っていることが伺えます。

宝くじで1億円当たったら、筆者はまず家計をひっ迫させている住宅ローンの返済に半分を充て、もう半分はパーっと自由に使ってしまうでしょう。子どもとの外食を増やしたり家事代行サービスを使ったりして、家事負担をお金で解決させてしまうかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ