無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心がなごむ甘いひと時♡「AKOMEYA食堂」にお米にまつわる食材や和の素材を使った新作スイーツが登場します

グルメ

いよいよ食欲の秋がやってきますね♩

9月1日(火)より「AKOMEYA食堂」の神楽坂、東急プラザ渋谷では、それぞれ異なる新作スイーツの販売がスタートします。

神楽坂でご褒美スイーツを召し上がれ

AKOMEYA食堂 神楽坂には2つの新作が登場。

こちらは「自家製豆腐のシフォンケーキ 和栗クリーム添え」(税抜880円)。

豆乳とにがりだけで作った自家製の豆腐で作る、しっとり食感のシフォンケーキに、和栗クリームと生クリームをしぼった一品です。

アーモンドとさつまいもチップスの香ばしさがアクセントになっています♩

「黒胡麻のソフトクリームパフェ」(税抜880円)は黒胡麻クリームと自家製の豆腐シフォンケーキに、黒胡麻ソースを合わせたひんやりデザート。

素朴な味わいの自家製米ぬかクッキーも添えられています。

東急プラザ渋谷にはテイクアウト可のメニューも

一方、AKOMEYA食堂 東急プラザ渋谷には3種類の新作スイーツがお目見え。

「どら焼きパンケーキ 和栗と小倉あん」(税抜880円)はどら焼きの生地に和栗ペーストと小倉あん、バニラアイス、熊本県「白玉屋新三郎」の白玉を挟んだ贅沢なメニュー。

店内で丁寧に焼き上げた自家製どら焼きの生地は、米粉を使いもっちり食感に仕上げられているそう。

また、だるまの表情がなんだか愛らしい「だるま最中アイス」(税抜680円)はバニラと渋皮栗のアイスをもなか生地でサンドした二種盛り合わせです。

小倉・白あん檸檬・珈琲アーモンドと3つの味が用意される「どら焼き」(各 税抜200円)はテイクアウトもできます♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ