無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ピンクのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選

メイク

顔色の悪さやくすみなどをカバーし、華やかに仕上げるピンクのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。効果的な塗り方から自分の肌に合わせた選び方まで、ぜひチェックしてみて!

(1)フェイスラインまで均一に塗りこむ

フェイスラインまで、しっかりと塗りこんでしまうと、のっぺりとした印象になり顔が大きく見えてしまいます。

外側に向かって薄くなるように塗りましょう。

(2)何度も厚塗りする

コントロールカラーは、薄く塗るだけでも十分効果発揮してくれます。何度も厚く塗り重ねると、顔だけが浮いたような印象に。

ファンデーションも重ねるので、顔の7割程度をカバーするイメージでOKです。

(3)元から肌に赤みのある人が塗る

元から肌に赤みが強い人がピンクを塗ると、より赤みを強調してしまいます。

そのようなタイプの人には、グリーンやイエローのコントロールカラーで赤みを抑えるのがおすすめです。

Check!

肌の赤みに効果的! イエローのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選
グリーンのコントロールカラーの使い方とは? 専門家が選ぶおすすめ8選

プチプラも! ピンクのコントロールカラーおすすめ8選

最後に、おすすめのピンクのコントロールカラーを紹介します。それぞれに特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)UVベースコントロールカラー ピンク【無印良品】

顔色の悪さをカバーして血色の良い肌色に整えます。保湿成分ヒアルロン酸や植物性うるおい成分配合。

SPF50+・PA+++と紫外線カット効果も高いので、UV対策も一緒にしたい人におすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ