無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ピンクのコントロールカラーの使い方とおすすめ8選

顔色の悪さやくすみなどをカバーし、華やかに仕上げるピンクのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。効果的な塗り方から自分の肌に合わせた選び方まで、ぜひチェックしてみて!

メイク

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラーを使ったことはありますか?

イエローやピンク、グリーンなどの色があり、その色の効果によって理想の肌を演出してくれるベースメイクアイテムです。

今回は、その中でも、血色感を与え、肌のトーンアップ効果に優れたピンクのコントロールカラーを紹介します。

コントロールカラーとは

コントロールカラーは、ファンデーションの前に塗るだけでさまざまな肌悩みをカバーしてくれます。

色ごとに、下記のような効果があります。

・イエロー……赤みや色ムラ、くすみをカバーする
・グリーン……ニキビ跡や小鼻の周りの赤みをカバーする
・ブルー……黄ぐすみをカバーし明るくクリーンな肌印象に
・ピンク……血色感をUPし華やかな印象に
・パープル……肌色をトーンアップし透明感を演出する
・オレンジ……くすみや目の下のクマをカバーして健康的な肌印象に

それぞれのカラーによって特徴がありますが、その中でも、ピンクは「血色感と華やかさ」を出すのが得意なカラー。

ピンクは元から肌が持っている色味なので、パーソナルカラーがイエローベースでもブルーベースでも、使いやすい色です。

ピンクのコントロールカラーの特徴と効果

ピンクのコントロールカラーは、血色感を与えるのにぴったり! ふんわりと女性らしいベースメイクに仕上げたい人にもおすすめです。

ピンクのコントロールカラーの特徴

ピンクのコントロールカラーの主な特徴を3つ紹介します。

(1)血色感を与える

ピンクには、ほんのりと肌に赤みを足す効果があります。顔全体に塗ることも、頬などにポイントで使うことも可能です。

(2)華やかな印象を演出する

ファンデーションの前にピンクを少し仕込んでおくと、華やかで女性らしいイメージに仕上がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ