無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片づけ上手に聞く!部屋をキレイに保つためにはどうすればいい?

きれいに整った部屋を保つには、どうすればいいのでしょうか? 片づけ上手さんにコツを聞いてきました。

ライフスタイル

(petrenkod/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

この前きれいにしたと思ったのに、いつの間にか散らかってしまうお部屋。汚しているつもりはないのに、どうしてごちゃごちゃになっていくのでしょうか?

fumumu取材班が、整理整頓されたお部屋を保つ方法を聞いてきました。

①物はジャンル分け

「せっかく片づけてもすぐに散らかってしまうなら、ジャンルごとに整理されているか確認したほうがいいと思います。コスメ系、キッチン用品、備品類、お風呂関係など、使う場所や用途によって仕分けするんです。
私も、とりあえずしまっておこう! と適当に引き出しに物を放り込んだときは、すぐに物が散乱してしまうんです。コスメのとなりになぜか割り箸が入っていたり、いたるところに乾電池が転がっていたり。
物をしまう場所を、ジャンルごとに区別するようにしてからは、物が散らかることも少なくなりました」(20代・女性)

関連記事:「どうしても片づけられない!」 散らかった部屋から卒業する3つのポイント

②無理のないように

「きれいな部屋を保つためには、自分が無理をしなくても片づけられる工夫が必要な気がします。小まめに整理しないと散らかっていくお部屋づくりだと、掃除をするのも面倒になっていまいますから。
よく使うバッグを、そのままかけられる場所を作ったり。コスメ収納用の引き出しを買って、メイク関係はとりあえずそこに入れたらOKにするのもいいと思います。
がんばらなくても自然ときれいに見えるお部屋づくりができたら、整理整頓の苦手意識もなくなるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

③定期的に捨てる

「自分で把握できないくらいに物が増えたら、いくらきれいにしようとしても、なかなか難しいと思います。使っていないものは定期的に捨てて、家にある物をちゃんと把握しておくことが大切ですよね。
私は、日常的にあまり使わない引き出しや収納を見て、なにが入っているのかわからなくなったら、物の捨て時だと思っています。
自分が必要な物だけを家に置くことができたら、管理できずに散らかってしまうこともなくなると思います」(20代・女性)

毎日掃除をしなくては保てないお部屋なら、根本的なお部屋づくりから見直してみるのもいいかもしれません。

整理整頓された空間を保つことができれば、物がなくなって焦って探すことも少なくなりそうですね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ