無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コツは3つだけ!セルフカラーをプロ並みに仕上げるコツ ♡

ファッション・ネイル・スキンケア・ヘアケア…女性って色んなものにお金がかかりますよね。「節約したいけど、どこを削ればいいの?」と悩んでいるあなたにおすすめなのがセルフカラー。コツをつかめばプロ並みに仕上げられるテクニックをご紹介します♡

ヘアスタイル
www.pexels.com

塗り始める前に自分の髪の毛の状態をチェックします。地毛が伸びているか、それとも全体が同じ色かによって塗り方が変わりますので注意しましょう。それぞれ塗り方をご紹介していきます。

pixabay.com

地毛が伸びている場合、根元を避けて塗るとムラになってしまいます。もし地毛の色とカラーした髪の毛のトーンに大きく差がない場合は、根元から普通に塗っていけばキレイに仕上がります。

pixabay.com

もし色のトーンに大きく差がある場合は、根元全体を塗った後にブロッキングをほどいて中間~毛先を塗っていきます。毛先がかなり明るい場合は、薄めたリンスを塗り、色の入り方を調節しましょう。

pixabay.com

トーンに変化がない場合はカラー剤の説明に書かれているとおり、根元は避けて塗っていき、最後に毛先を塗るようにするとムラなく仕上げられますよ。

コツ2:ムラなく染めるためのブロッキング

pixabay.com

分けるだけでとても塗りやすくなりますので、付属のハケやコームを使ってブロッキングしていきましょう。
(1)前髪
(2)耳前(顔サイド)×2
(3)残った髪・上
(4)残った髪・中
(5)残った髪・下

pixabay.com

髪の量が少ない場合は残った髪の毛を上下に分けるだけでもOKです。ブロッキングし終わったらカラー剤をしっかり混ぜていきます。ムラにならないようにしっかり混ぜましょう。混ぜ終わったらすぐに塗りはじめます。

pixabay.com

スタートは襟足から。髪の毛を持ち上げ、下側から毛先に向かって塗っていきます。次は上から同じように塗ってください。シャンプーするように指の腹を使いながら髪をしっかりかき混ぜるとムラなく仕上がります。

pixabay.com

下段が終わったら中段、上段を塗っていきます。染まりにくい襟足以外は上から下に塗ればOKです。後ろが終わったら、次は耳前を塗っていきます。耳前の両サイドが終わったら前髪を塗っていけば塗りの工程は終了です。

pixabay.com

全て塗り終わったら、タイマーをセットします。そして全体をシャンプーするようにしっかりと混ぜ、5分程度経ったらコームでとかしていきます。すべてとかし終わったら、置き時間完了までしばし休憩してください。

記事に関するお問い合わせ