無料の会員登録をすると
お気に入りができます

勇気を出して「やめてみる」!面倒な家事から卒業するために“やめたこと”3つ

自分が必要だと思っている家事も、やめてみたら意外となにも困らないかもしれません。

ライフスタイル

面倒な家事をやめたい! と思っているのなら、いっそのこと本当にやめてみるのも手かもしれません。

fumumu取材班が、面倒な家事から卒業するために「やめたこと」を聞いてきました。

①床にあったマット類を…

「床にあったマット類をすべてなくしてから、掃除がものすごく楽になりました! トイレマットにキッチンマット、玄関マットなど、床に敷いていた布類を取っ払ったんです。
見た目はおしゃれになるし、機能的にメリットもあるんでしょうけど、掃除が苦手な私には合わなかったんです。定期的に洗濯するのも面倒だったし、掃除機をかけるときにどかすのも億劫で…。
マット類がなくなったことで、掃除や洗濯の手間がすごく減りました。シンプルな床にはなりましたけど、それはそれで気分がいいですよ」(20代・女性)

関連記事:「ながら家事」で気持ちを楽に! 面倒な家事から解き放たれるためのアイデア

②洗濯物を畳むのを…

「洗濯物をきっちり畳むのが苦手だったので、畳まなくてもいいような収納テクを取り入れました。くるんと丸めてカゴに放り込んだり、干したときのハンガーのままクローゼットに収納したり。
畳まずに放置している洗濯物のプレッシャーを感じていたときより、気分爽快です! 洗濯物は畳むものだと、勝手に思い込んでいたんだなと思いました。自分が思っている以上に、やらなくてもいい家事はたくさんあると思います」(20代・女性)

③流しの三角コーナーを…

「ずっと流しに三角コーナーを置いて、料理中はそこに生ゴミを入れていたんです。でも、どうせ排水溝にもゴミは流れていくから、排水溝ネットとダブルで片づける必要があったんですよね。
三角コーナー自体も水垢でヌルヌルになるから、それも掃除しなくてはいけないし…。なくてもいいんじゃない? と試しになくしてみたら、思った以上に快適でした!
生ゴミは専用の小さな袋に入れて、料理が終わったらゴミ箱にポンと捨てるだけ。たまに排水溝のネットを交換するだけでよくなりました。掃除をする箇所がひとつ減るだけで、気持ちがとっても楽です」(20代・女性)

やらなくてはいけないと思っていることでも、いざやめてみたらメリットがたくさんあるかもしれません。

自分の中で義務化されている家事を、一度考え直してみるのもおすすめですよ。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ