無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『千と千尋』などジブリ作品静止画が無料提供 使用ルールが衝撃的だった…

スタジオジブリは18日、アニメ作品の場面写真を毎月ネット上にアップしていくと発表。ファンから歓喜の声が上がっている。

カルチャー

アニメ制作会社・スタジオジブリは18日、これまで制作してきたアニメ作品の場面写真を毎月ネット上にアップしていくと発表。

スタジオジブリ

アニメ作品の静止画やイラストは権利問題が非常にセンシティブだが、ジブリ側は「常識の範囲でご自由にお使いください」と画像の使用ルールを示しており、そのあまりに寛大な対応にネット上が沸いている。

■名シーンが続々

「今月からスタジオジブリ全作品の場面写真を順次提供することになりました。今月は、新しい作品を中心に8作品、合計400枚提供します」と言葉を添え、『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』『ゲド戦記』『借りぐらしのアリエッティ』など8タイトルのサムネイル画像を並べたジブリ公式HP。

8タイトルのサムネイル画像

それぞれの作品をクリックすると50枚ずつの作品内静止画が格納されており、たとえば『千と千尋の神隠し』では千尋が異界に迷い込むシーンから、ハクとの出会い、油屋との別れなど、ファンにはたまらない名シーンが満載となっている。

関連記事:「ジブリ」のエコバック、ファンをメロメロにさせる天才的な機能性が話題に

「ジブリ」のエコバック、ファンをメロメロにさせる天才的な機能性が話題に

■「常識の範囲で」

公開ページには、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫氏の肉筆で書かれた「常識の範囲でご自由にお使いください。」という注意書きが。

非常に曖昧にも感じるが、ネット上で作品の感想を述べる際や、この取り組みの紹介、さらにはツイッターのアイコンに使用するなどの用途の際は、おそらく大きく問題視されることはないだろう。

さらに来月以降は、今回公開された8作タイトルとは別作品の静止画をアップするようだ。

■過去にもレア画像が…

5月、同社はWEB会議などで使うための背景用画像として、各作品の静止画をアップし「ご活用いただければ幸いです」と案内していた。

WEB会議などで使うための背景用画像

合計24作品の象徴的なシーン画像のほか、スタジオジブリの屋上写真、鈴木プロデューサーの机写真といった遊び心に富んだ画像が公開され、新型コロナウイルス下でもアニメファンを喜ばせようとする同社の姿勢はネット上でも広く評価されていた。

関連記事:手越祐也、ほとんどの人が騙されそうなあの人と記念写真 「映画決まりそう」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ