無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってない人いますぐやって!一気に垢抜け顔になれちゃう「馴染ませテク」

綺麗にメイクしているつもりなのに、なんだか垢抜けない…。そんな時には、「馴染ませ」をより意識してメイクをしてみましょう!同じアイテムを使っていても馴染ませを意識してメイクをすると、不思議なことにこなれた感じがでて垢抜けが叶いますよ。今回は馴染ませメイクで垢抜ける簡単テクニックを3つご紹介致します。

メイク

ブレンディングブラシでしっかり馴染ませ!

人気のアイシャドウを使っているのに、なぜか垢抜けない気がする…そんな時こそ馴染ませを意識してみましょう!

しっかり馴染ませができていないと、境目がハッキリしていたりムラが目立ったりして、野暮ったい印象になってしまいます。

それを馴染ませテクニックを使い解消するだけで、こなれ感のあるアイメイクに仕上がります。

Dior サンククルールクチュール 559

アイシャドウを全てのせ終わったら、ボリュームのある大きめブレンディングブラシで馴染ませましょう。境目目立ちが少なくなるだけでなく、余計なアイシャドウを取り除くことができるのでメイク崩れ防止にも繋がります。

また、最後に画像「★」マークのようなラメ感がある薄め発色のものをふわっとアイホールに重ねると、よりグラデーションが綺麗に仕上がり垢抜けた仕上がりになりますよ。

ブラシにとったら必ず1度ティッシュで押さえる

ランコム ブラッシュスプティル SP353

頬の広い範囲にのせるチークは、のせる範囲や濃さを間違えると一気に垢抜けない印象になってしまいます。そうならない為にも、チークをのせるブラシにこだわってみましょう。

チークが苦手な方は、大きくボリュームのあるブラシを活用し、頬にしっかり馴染ませてのせるのが垢抜けポイントです。

大きめのブラシにしっかりチークを含ませたら、必ずティッシュで1度軽く押さえましょう。

こうすることで、ブラシ全体に均一にパウダーをとることができ、また無駄なパウダーを落とすことができるので、ささっとブラシを頬に滑らせるだけで、ふわっと内側から発色したような仕上がりになりますよ。

しっかり頬に馴染み、境界線の目立たない仕上がりチークは、こなれ感も一気にアップします。

指ぼかしでこなれ感リップ仕上げ!

ルナソル シームレスマットリップス 02

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ