無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスク生活による表情筋の衰えに注意!自宅で出来る2ステップケアをご紹介

マスク生活を続けていると、無意識のうちに表情を作らないことが増えてしまいます。表情筋が衰えることで顔のたるみやこわばりが起こり、年齢よりも老けて見えてしまうことも。
今回は2つのステップに分けて、自宅でできる簡単な表情筋マッサージ、トレーニングをご紹介。顔のたるみにお困りの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

美容

マスクが顔のたるみに影響している!?

bybirth.jp

今年は新型コロナウイルス対策でマスクの着用が当たり前となり、人と接する機会も以前に比べて少なくなりましたよね。マスクを着用していると、表情を大きく動かしたり会話をした時にどうしてもズレが生じてしまいます。マスクで顔が見えない今、表情筋を使う機会が減ってしまったことで、たるみやむくみを生み出している可能性があるんです。

今回は2つのステップに沿って、自宅で出来る簡単な表情筋ケアをご紹介。おすすめのマッサージクリームやオイルもぜひチェックしてくださいね。

表情筋とは?衰えるとどうなる?

表情筋とは、感情を表したり顔を動かす時に使う筋肉のことを言います。表情筋は皮膚と直接繋がっており、“顔の土台”とも言える部分です。顔は大小合わせて30以上の筋肉が集まっている場所で、人によって表情や仕草のクセが出やすいところでもあります。

普段は無意識に顔を動かして表情筋を使っているわけですが、マスク生活が続くことでその機会が減ってしまい、顔がたるんだりこわばったりしてしまうのです。

表情筋が衰えると、皮膚のたるみや唾液の分泌量の低下など、顔以外にも様々な影響が生じます。特に年齢の出やすいフェイスラインや首元は、たるみが出ると一気に老け見えしてしまうため、普段から気を付けておきたい部分です。

マスク以外にも顔がたるむ原因が!

表情筋の衰えが顔のたるみを引き起こすのは当然のことですが、他にも原因は考えられます。例えば、生活習慣の偏りや肌の乾燥など。普段の生活が顔にそのまま反映されてしまうため、顔のたるみが気になる方は1度原因を探ってみるのも良いかもしれません。

引き締まった表情筋を手に入れる方法

失われた表情筋の弾力を取り戻すためには、2つのステップに沿ってケアをしていくのがおすすめです。まず第一段階で行うのは、ほぐすケア。こわばった表情筋をマッサージなどで緩めることで、顔のコリを取り除いていきます。

そして顔が柔らかくなってきたら、鍛えるケアに移ります。この2つのステップで表情筋を鍛え直せば、若々しく引き締まった顔を手に入れることが出来ますよ。

ステップ(1)表情筋をほぐすマッサージ

bybirth.jp

まずはシワの出来やすい目元やおでこ、そして頬をほぐすマッサージから行います

続いて、口周りとフェイスラインのマッサージを行います

以上がほぐすケアで行うマッサージです。顔のマッサージをする際には、フェイスオイルやマッサージクリームなどを塗り広げて滑りの良い状態で行ってくださいね。

ほぐしていく途中でゴリゴリと筋肉の硬さを感じる部分は、より丁寧にほぐしてあげましょう。いずれも自分が心地よいと思う強さで行うのがベストです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ