無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高見えすると話題!ダイソー「薄グラス」の使い心地を実飲レビュー♪

100均ショップのグラスに、クオリティーなんてあまり期待しないという方も多いのでは?そんな印象をくつがえす、ダイソーの「薄グラス」をご紹介します。高見えすると話題のこの商品、実際の使い心地は?使用上の注意点も含め、どんなグラスなのか実飲レビューでお伝えします♪

100yen

ほんとうに100円!? 洗練されたグラスを発見!

Photo by akiyon

ダイソーのグラス類が並ぶ棚で、ひときわ洗練された「薄グラス」という商品を発見!とても100均ショップのアイテムとは思えないほどの、薄くて繊細な質感に目を奪われてしまいます。

実はこのグラス、おしゃれで飲み心地もよく、高見えまでするとSNSで話題になっているもの。さっそく購入して、筆者宅で使ってみることにしました♪

なんとポーランド製!ダイソー「薄グラス」

Photo by akiyon

各 110円(税込)

「薄グラス」は、クリスタルガラスの製造で有名なポーランド製。材質はソーダガラスで、グラスの厚さとしてはネーミングの通り薄めに仕上がっています。

いろいろな容量・形状のものが販売されていますが、ここでは小さめサイズを2点(260ml、285ml)購入。大きいものだと500ml以上のものもあり、それぞれワインや冷茶などおすすめのドリンクを想定した作りになっています。

どのくらい薄いの?

Photo by akiyon

どのくらい薄いのか確かめるため、筆者が約20年日常使いしている青いグラスと厚さを比較してみました。一目瞭然で、薄グラスの薄さを実感!

とはいえ、青いグラスのほうは耐熱性や強度に優れた商品。薄グラスの性能や使いやすさが、とても気になります。

繊細だから、取り扱いの注意点はたくさん!

Photo by akiyon

添えられていた説明書きを見てみると、取り扱いにはたくさんの注意点が。まず急に熱したり冷却したり、熱湯を入れたりすることはNGといった温度に対する制限があります。

また、内側から力を入れてひねり洗いをすることは禁止、柄付きのスポンジを使用することなど、手入れに関する注意点も書かれていました。

そのほか食洗機NG、ナイフやフォークの収納禁止など、注意点の内容が具体的で細かいことが特徴。耐熱性や強度には優れていないので、気楽に日常使いをするのには向いていないようですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ