無料の会員登録をすると
お気に入りができます

劇的Before→After後編「片付けられない女」の押入れ、スッキリ収納しました!

収納のプロが“片付けられない女”代表読者の押入れを劇的変化させるこの企画。今朝公開した「捨てられない女編」では、押入れに溢れかえっていた大量の持ち物を見極め、本当に必要なモノだけを残すことに成功しました。今回はいよいよ、押入れにスッキリと収納する作業がスタート。限られたスペースをいかに賢く使うか、プロのワザから真似できるアイデアをたっぷり学びましょう。

2017年7月
インテリア

押入れ下段→洋服と重いものを収納

押入れ下段には、洋服+重いものを収納します。衣装ケースの選び方も大切!

極意7. 衣装ケースは統一する

多くの人が使用している衣装ケース。高清さんも使用していましたが、サイズやデザインがバラバラでした。スペースをムダなく使うには、衣装ケースを統一するのがオススメです。押入れをしっかり採寸して選びましょう。

押入れ衣装ケースS(セレスTN オシイレS)

ニトリ

¥ 1,102

押入れにぴったりな奥行き74cm。箱型引出しタイプなので、無駄な隙間がなくたっぷり収納できます。積み重ねての使用も可能。半透明の素材だから、中身も一目瞭然! 高さ18cmの浅型だから、押入れのすき間やベッド下に設置しても。

商品詳細
押入れ衣装ケースS(セレスTN オシイレS)
www.nitori-net.jp
商品詳細

押入れ衣装ケースM(セレスTNW オシイレケース M)

¥ 1,287

奥行きは押入れにちょうどいい74cm。箱型引出しタイプで、デッドスペースを作ることなく、たっぷり収納できます。積み重ねての使用も可能。高さは23㎝。同商品のSサイズと重ねて使っても。素材が半透明だから、中身も見えます。

商品詳細
押入れ衣装ケースM(セレスTNW オシイレケース M)
www.nitori-net.jp
商品詳細

極意8. 引き出し内は立てて収納

衣装ケースの引き出し内に収納する服は、“立てる”のが基本。横に寝かせて重ねると、引き出しを開けただけでは下の洋服が見えません。立てて収納することで、引き出し内のアイテムが一目瞭然になり、出し入れも楽になります。

<Tシャツの上手なたたみ方>

instagram.com

まずはTシャツの背面を上にし、左右を中心に折りたたみます。袖は外に向かって折り返して。次にTシャツの下部分1/3を内側に折り込み、それをさらに半分に、そしてもうひと折りすればOK。

<パンツの上手なたたみ方>

instagram.com

パンツのヒップ側を上にして置き、縦半分に折りたたみます。次に、裾をヒップ下あたりまで折り返し、さらにそれを2回折り返して。裾の折り返しをヒップ下の位置までにすることで、コンパクトに仕上げることができます。

極意9. 中身は必ずラベリングする

中身を収納し終わったら、ぜひラベリングを! 中身が即わかるようになるだけでなく、他のモノが侵入してゴチャゴチャになるのを防ぐ役割もあるそう。シールやマスキングテープなどを活用すれば手軽に作れます。

極意10.ストールやベルトは丸めて

記事に関するお問い合わせ