無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アクセやインテリア小物も簡単DIY♡「マクラメ編み」を徹底解説!

インテリア

「マクラメ編み」で小物を作ろう!

2017.5.4
GW中の手仕事。
*
マクラメのプラントハンガー、3つ。
何度作っても編み目が一定にならないし、
同じの作ったつもりなのに出来上がりの長さが違うし。
なかなか奥が深い。
#マクラメ#プラントハンガー#吊るすグリーン#手作り#家仕事#暮らし#ていねいな暮らし#手芸#インテリア#インテリア雑貨#観葉植物#ハンドメイド#handmade#interior#green
instagram.com

様々な種類の紐を、結んだり編んだりして編み目や模様を作っていくことを“マクラメ”といいます。紐さえあれば手で簡単に編むことができるので、初心者にもおすすめの手芸方法です。

石や小瓶を包んでアクセサリーにしたり、ハンギングプランターのアイテムとして活用することができます。

マクラメの基本!簡単な編み方

マクラメ編みの基本的な編み方をご紹介します。他にも色々な編み方がありますが、初心者でも簡単に取り組みやすい編み方をピックアップ!
*今記事では、「編み」ではなく「結び」という表現で紹介させていただきます。

1.平結び

ブレスレット製作に用いられることが多い平結びは、初心者も簡単に作ることができるのでオススメです。

[結び方]
①まず、左の紐、中心の芯、右紐と分けます。左紐を、輪をつくるように芯の上に置きます。
②右紐を左紐の上に。
③右紐の端を持ち、芯の下→左紐の輪の中へとくぐらせます。両端を引っ張ります。

④右紐を芯の上に置きます。
⑤左紐を右紐の上に。
⑥左紐の端を持ち、芯の下→右紐の輪の中へとくぐらせます。
⑦両端を引っ張ります。①~⑦で1セットとなります。

動画でチェック!「平結びミサンガ」の作り方

ダイソーのブレスレットコードを芯にした作り方です。刺繍糸でもしっかりとしたブレスレットに仕上がります。

2.タッチング結び

結び目が片側にくるタッチング結びも、覚えれば簡単です。リングに結びつけたりもできる手法なので、習得すると創作の幅が広がりますよ。

記事に関するお問い合わせ