無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マクドナルド、新作バーガーが確かにヤバイ 「マックじゃないみたい…」

マクドナルドの「ヤベェよ、ダブチ!」シリーズを実食したところ…。木村拓哉が絶賛するのも頷けるレベルのうまさだった。

グルメ

どこでも手軽に食べることができ、多くの人に愛されている「マクドナルド」が、21日から期間限定で3種類の新作バーガーを発売。商品の広告では木村拓哉が「ヤベェよ、ダブチ!」と宣伝していたが、確かにそれに違わないヤバイうまさであった。

マクドナルド

■ダブルチーズバーガーの進化系

今回発売されたバーガーは、特製チーズとハラペーニョをサンドした『辛ダブチ』(単品/390円)、ダブルを超えてトリプルになってしまった『トリチ』(単品/420円)、ビーフパティがバンズからはみ出てしまっている『ハミダブチ』(単品/420円)。

定番のダブルチーズバーガー(ダブチ)をベースとし、「より辛く」「より多く」「よりデカく」したというわけで、ある意味“はずれ”がないといえるだろう。

関連記事:マクドナルド、進化した月見バーガーを食べて驚き… ふわとろ食感がスゴい

マクドナルド、進化した月見バーガーを食べて驚き… ふわとろ食感がスゴい

■本格的な味わいに驚き

まずは、新参者の『辛ダブチ』を食べてみることに。パッケージには「辛味に弱い方はご注意ください」とさりげない警告があるあたり、辛いもの好きとしては期待が高まる。

そして開封すると…包装紙に負けないほど主張の激しい赤いチーズが顔を出す。正直、毒々しいとさえ思ってしまいそうな見た目だが、むしろ視覚からも辛さが伝わってきて最高。ビジュアルは100点満点だ。

そしてかぶりつくと…うっめぇ!! そして結構辛い!! チーズバーガーであるため濃厚なチーズの香りや味は据え置き、しかし辛さが追加されているため新鮮な気持ちになる。

一緒にサンドされているハラペーニョスライスは酸味が効いており、爽やかさを演出。今までにない斬新な味わいに「マックじゃないみたい…」とさえ思ってしまった。

■チーズがやばい…

そして二つ目は『トリチ』。記者は初対面となるが、じつは2017年に発売開始しており、すでに根強い人気がある一品だ。再登場に胸を躍らせている人も少なくないだろう。

早速開封すると…おいおい…こいつはやりすぎじゃないかい…(褒め言葉)。味はやはりチーズの主張が強く、かなり濃厚。チーズとともにパティも一枚多いため、肉々しさも相当なものだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ