無料の会員登録をすると
お気に入りができます

金子恵美が考える未来の社会 「みんなが相手の価値観を尊重できるように」

10月6日に著書『許すチカラ』を上梓した金子恵美さんにインタビューを実施。「許す」ということについて話を聞いた。

ライフスタイル

■リアル『らいおんハート』だった

―――宮崎さんが日頃から行っている愛情表現とは、ちなみにどのようなものなのでしょう? 今年28才になる一人の男として参考にさせていただきたいと思いまして。

金子:あの人けっこうアメリカンだけど参考になるかな。けっこう本気で(愛情表現を)やるタイプだけど大丈夫(笑)?

―――が、頑張ります(笑)!

金子:言葉でも平気で「愛している」とか言うし、子供はもちろん大事なんですけど、子供は私がいないと存在しないという考えがあの人にはあるので、絶対的に一番は奥さん、二番は子供らしいんです。嘘くさいけど、そう言えるのはすごいなって。

―――いつかもし子供が生まれたら、世界で二番目に好きだと話そう…。どこかで聞いたことあるパンチラインだと思ったら、SMAPの『らいおんハート』の世界ですね!

金子:本当だ! ゾワっとした(笑)。失敗したなあ…。なかったことにしてもらえませんか(笑)?

―――なりません(笑)

金子:でも、日本人の男性は愛情表現が得意ではない人も多いと思いますが、好きと言われたり、大切と言われて嫌に思う女性はいないと思います。
照れちゃうと思うんですけど、「思っていることを言葉にする」という極めてシンプルなことだと捉えたら、言わないより言ったほうがいいと思いますし、言葉にしないことで、本当は近づくはずの関係が離れたり、モヤモヤするくらいだったら、勇気を出して、その言葉を伝えたほうがハッピーだと思います。
うちの夫は明るいほうがいいというか、同じ時間を過ごすんだったら楽しいほうがいいよね、二人一緒にいるんだったら幸せなほうがいいよね、という考え方が根底にあるので、小さいことでケンカしそうだなってことがあったとしても、ケンカする時間のほうが無駄というか、ぶつかって嫌な気持ちをするのは得ではないと思うタイプなんです。
発想の転換と言いますか、どうしても許せない大きなことは簡単に(気持ちが)おさまらないかもしれないけど、お互い、そういう関係もあるよねという考え方。多様性の考え方と同じだと思うんですけど、あなたの意見も正しいと思える余裕を心に持てば、いいのではないかと思います。さっきの話を忘れてもらおうと思って、たくさん喋ってしまった(笑)。

■世の中がギスギスしないためには

―――とても素敵な考え方をお話しいただいたのですが、全く忘れていません(笑)! お話を伺っていると、宮崎さんは「許す」選択肢をとる方なんですね。

金子:平和主義という言葉が適切かどうかはわからないですけど、そうだと思いますね。お互い、とてもそこが似ていて。これは政治家特有のものなのかもしれません。いろんな意見があるということも聞いているし、その人たちと常に接してきたので、「この人が言っていることもわかる。でもこういう見方もあるよね」と。
一つのファクトに対して、「こういう見方もある」という考え方なんです。本にも書いていますが、私は元々そうではなかった。
どちらかというと、固定観念や既成概念にこだわるタイプだったんですけど、10年間の政治家活動の中で、痛い思いもいっぱいしてきて、「自分はこうだ」という考えを押し付けたことによって、人が離れていったり、理解されなかったり。
逆に、そう言ってくることを受け入れないことによって、本来もう少し上手くできたことができなかったり。そこで変わったんだと思います。

―――お互いがそういう考え方だからこそ、金子さんは宮崎さんを「許す」ことができたのだと思いました。

金子:そうですね。みんな、そういう軸というか、信じるものがあっていいと思うのですが、それが絶対じゃないかもしれないという思いを持つと、その人の言っていることも聞けるんじゃないかと思うんですよね。
それぞれの主観、生きてきた過程や経験の中で作られた価値観がしっかりあると思うので、絶対譲れないということも大切なんですけど、ちょっとだけ引いてみたときに違う意見があったら、それに寄り添える柔軟性があったほうが世の中がギスギスしないと思うんです。

関連記事:結婚後も仕事を続けるつもりだと伝えると… 彼のまさかの返答に衝撃を受けた

結婚後も仕事を続けるつもりだと伝えると… 彼のまさかの返答に衝撃を受けた

■「未来への提言」は…

―――今お話しいただいた「多様性」や「柔軟性」ということは、第3章で書かれている「未来への提言」にもつながることですかね?

金子:ギスギスしている社会って、生きづらさであったり、個人だけの問題ではなくて、社会全体の問題だと思うんです。
私自身の観点でいうと、女性や子供のことになるのですが、女性の場合、仕事を頑張りたいけど、仕事だけじゃなくて、家庭を持って、子供を育てたいと思ったときに、それが上手くマッチできなくて、どちらか片方だけを選ばないといけないケースもある。でも、そうなってしまうと、どちらもやりたい人の心は満たせないわけじゃないですか。
そういう社会であるがゆえに、人に対して羨ましいと思ったり、自分の生活に不満がある気持ちがいろんな風に悪い方向に行っている気がするので、そこを満たせるような社会、つまり、行政がサポートをやっていくべきだと。
ただもう、私は政治家でもなんでもないので、「社会はここをこうしたほうが良くなるよね。ひいては個人も幸せになるよね」と提言をしています。

―――自分自身が男性だから無意識に享受できていることがあって、でも、それは裏を返せば女性が不利益を被っている可能性のあることでもあると、年齢を重ねることでようやく気づくようになった部分が個人的にはあって。本書を読んで、それをさらに意識しました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ