無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの人は違う。職場で「一目置かれる人」の共通点

ライフスタイル

「あの人って天才肌だよね」と言われる人がいますが、一体どんな人が天才肌に当たるのでしょうか? 持って生まれた才能のように思われがちですが、実は天才肌は努力次第で誰でも目指せるものです。

今回は、そんな天才肌の特徴や、今のあなたが天才肌なのか確かめる診断、天才肌になるための方法などを解説します。

「天才肌」の意味は? 天才との違い

では、まず「天才肌」とはどういう意味なのか、おさらいをしましょう。

天才肌とは、「天才だと思うくらい優れた能力を持っている人」や「優れたクリエイティブ、芸術、運動、勉強などの分野において、先天的に著しく高い能力を持つ人のこと」を指します。また、「有能」「一流」「名人」といった言葉で表現されることもあります。

ただし「天才」とは少し異なるニュアンスを持ち、天才肌は「天才」を示すこともあれば、「天才っぽい人」を指すこともあります。天才肌の意味に「天才」も含まれている、というと分かりやすいかもしれません。

天才肌の人に見られる特徴

実は、周りから「天才肌だ」と思われる人には共通点があります。性格・言動に共通する特徴をそれぞれ紹介しましょう。

天才肌の人の性格の特徴

(1)先進的

天才肌の人は、恐れずにさまざまな経験を積んでいる人が多く、型にはまらない先進的な考え方をします。

そして、幅広い経験をすると知見が広がり、おのずと成果物の精度も上がっていくのです。

(2)生意気

比較的、生意気といわれることが多いです。なぜなら、自分の能力に自信を持っているため誰に対しても臆することがなく、目上の人にも堂々と意見するなど上下関係をあまり気にしないからです。

歯に衣着せぬ物言いが、思わぬ誤解を生むこともあるでしょう。

(3)向上心がある

自分の能力を伸ばそうという成長意欲が強く、常に向上心を持って取り組む姿勢があります。「やればやるだけ上達する」と信じて疑わないのです。

過去の成功体験から、そのような意識が根付いています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ