無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この秋のトレンドは「こっくり色」♡4つの秋色をどう着こなす?

秋ファッションで気軽にトレンドを取り入れるなら、色に注目。秋らしく深みのある「こっくり色」がステキなんです。そこで、秋らしいカラーを大人コーデで取り入れるコツをご紹介します。

2017年10月
ファッション

この秋は濃いめな「こっくり色」 が流行

大人っぽく着こなすコツが知りたいの

秋は濃くて深い色味である「こっくり色」がトレンドです。着るだけで存在感が出るだけに、一歩間違うと派手すぎて大人には似合わないコーデになってしまいます。

wear.jp

そこで、大人でもこっくり色を着こなすコツをチェック。今年特に人気なカラーに合わせて、おすすめ大人コーデをピックアップします。

1.大人女子に似合うレッド編

赤トップスは着回し力が高い

明るすぎる赤は派手だと敬遠する方も多いのでは? しかし、秋の赤は深みのあるこっくりカラーなので、大人の女性によく似合います。コーデに女性らしさをプラスできるのもGOOD。

wear.jp

こっくり赤トップスは着回し力も高いです。左のように×デニムでカジュアルコーデに、右のようにベレー帽にワイドパンツを合わせればマニッシュコーデに仕上がります。

wear.jp

タイトなロングスカートを合わせればレディコーデ。女性らしさを残しつつ、秋らしいコーデが叶います。

赤スカートは決めすぎないラフコーデにマッチ

こっくり赤のスカートはエレガントさをUPさせてくれるアイテム。カジュアルなコーデと合わせてもきちんと感が出るので、大人女子にぴったりなのです。

wear.jp

スニーカーやデニムジャケットなどカジュアルアイテムとも相性が良いです。

wear.jp

ゆるっとしたトップスやファーサンダルなどラフなアイテムを合わせて、こっくりカラーの赤プリーツスカートを合わせれば上品コーデに。きちんと感とラフさは両方取り入れることでバランスが良くなります。

赤小物でさりげなく女性らしさプラス

wear.jp

秋色の赤を小物で取り入れることで、さりげなく女性らしさをプラスできるコーデになります。カジュアルコーデには赤パンプスをプラス。マニッシュさも残しつつ、大人っぽいコーデが叶うでしょう。

wear.jp

小さめの赤バッグで、モノトーンの落ち着いたコーデの差し色にするのもGOOD。深みのある赤小物は秋コーデはもちろん、オールシーズン使えるので便利です。

2.大人っぽいパープル編

落ち着いたカラーのアイテムと合わせる

wear.jp

濃いめのパープルは女性らしいカラーで大人女子にはよく似合います。派手すぎにならず着こなすコツは、パープルアイテム以外は落ち着いた色味にすること。パープルニットには黒アイテムで落ち着きコーデが叶います。

wear.jp

秋らしいベロア素材のパープルのレースキャミ。Tシャツの上に着るという今季流行コーデにハマります。他のアイテムはモノトーンでまとめることで個性派アイテムも自然になじむでしょう。

小物にして個性派アイテムとして活用

wear.jp

小物でこっくり色を取り入れれば、上手に差し色が使えます。たとえばバッグ。モノトーンの秋コーデにパープルの巾着バッグを合わせるだけで、コーデの大人っぽい個性が引き出されます。

wear.jp

白ブラウス×黒パンツ×ブラウンコートのマニッシュなコーデ。パープルのバッグを取り入れることで、メンズライクすぎない女性らしさも取り入れることができます。男性らしさ女性らしさのバランスもGOOD。

3.抜け感コーデにぴったりカーキ編

がっつり辛めコーデが大人っぽくてイイ

コーデに取り入れるだけで抜け感を表現できるカーキ。この秋はがっつり辛めなコーデでまとめるのが人気なようです。白T×デニムのカジュアルコーデにカーキジャケットをプラスして、COOLさ満点。

wear.jp

ブーツもヒールが太めで格好いい雰囲気を高めて。それでも髪の毛を下ろしたり、ピアスをしたりと女性らしいポイントも残しておくのがステキです。

wear.jp

白T×黒スキニーのCOOLコーデもカーキジャケットで辛めにまとめて。バブーシュやヒョウ柄の巾着バッグなどトレンドアイテムも盛りだくさん。女性らしいラインを意識しているのがステキ。

チェック柄×こっくりカーキでトレンドGET

wear.jp

この秋はチェック柄もトレンドのようです。そこでチェックのカーキアイテムにも注目。ロング丈のスカートなら、カジュアルながらも上品な大人コーデにまとまります。

4.秋ならオトナ色な甘めピンク編

差し色でさりげなくオトナっぽい甘めがステキ

ピンクは甘めの色なので、この年齢になって取り入れなくなったという方もいるのでは? この秋のピンクは濃いめで大人っぽい色なので、コーデにプラスするチャンスです。

wear.jp

差し色でさりげなくカラーを主張させるのがおすすめ。たとえばロングコートやワイドパンツなどに合わせてちらりとピンクニットを見せるとか。

wear.jp

こちらはピンクの靴下でちらり見せ。花柄のワンピースに、黒のバッグ×スニーカーという甘辛コーデ。ピンクで甘さを主張しつつ、秋らしいカラーをのぞかせているのがおしゃれですね。

秋素材で季節感たっぷりおしゃれさん

wear.jp

ピンクのアイテムでも秋色素材にすると、甘すぎる印象が緩和されます。こちらはベロア素材のワイドパンツ。ほかをモノトーンにするなど辛めにしながらも、花柄やピンクで甘さを取り入れている秋の甘辛コーデです。

wear.jp

ピンクのニットも、もふもふのファーなら秋らしいコーデに格上げ。甘すぎないように、スニーカーのごつさで辛めな雰囲気も出しているのが大人らしいですね。

さあ、秋カラーコーデを始めましょう

wear.jp

派手そうに見えるこっくり色も工夫次第で大人らしいコーデになりました。秋らしいカラーを取り入れて、季節感たっぷりのコーデを楽しみませんか?

記事に関するお問い合わせ