無料の会員登録をすると
お気に入りができます

優木まおみさん犬山紙子さんと考える 「人生100年時代の新しい働き方」

ライフスタイル

「家事に育児に忙しい毎日を送り、中々インプットの時間もない!」というママたちのための学びの場として、今回3回目を迎えたVERY発のオンラインイベント「VERY Academy」。第三回のテーマは、「人生100年時代、VERY世代の不安を希望に変えるコツ」。SOMPOひまわり生命とのコラボ企画として、10月24日に配信されました。

優木まおみさん、犬山紙子さんをゲストに迎え、有識者やファイナンシャルプランナーとともに、人生100年時代の健康とお金について議論。ゲストのお二人には、大きな気付きがあったよう。

40歳、人生まだまだ折り返しじゃない!

番組では序盤から、早速「人生100年時代」についての話に。ゲストのお二人は、この言葉に不安も多いと言います。

「3年くらい前から100年時代とよく聞くようになりましたよね。40歳になり『人生折り返しだなあ』と思っていたのが、さらにもう10年はある! まだまだ長いですよね。楽しみな反面、ずっと働けるわけではないから計画的にならないとと思います」と話すのはタレントでVERYモデルの優木まおみさん。

コラムニストの犬山紙子さんも、「100年生きられるって人類の夢。ハッピーである反面、100歳までお金と心身の健康が続くのか、不安がよぎったのがリアルなところ」と言います。

実際にVERY世代へのアンケートでも、

「子どもの教育費や老後のお金、健康が心配」

「親が要介護になったら?」

「パートナーが働けなくなった時、どうしよう」

「健康寿命がどこまでキープできるか心配」

といった声が聞かれました。

教育、介護、自分や夫の病気…100年時代はまさかがいっぱい

「子どもを産んで、こんなにお金が出ていくんだとびっくりして。40代で母が難病を患い、20代で介護を経験したので、万一もあるというのが身に染みているんです」というのは犬山さん。

優木さんも、「私たちの世代は、教育費がふくらむ中、自分の将来や、親の介護も考え始める年頃。今まだ起きていないことでも、どれくらい貯めておくべきか不安になります。それに教育費は家庭によってかける額が違うし、どれくらいが我が家にちょうどいいのかがわからない」とコメント。

確かに教育費は家計の聖域と呼ばれますが、かければかけた分だけ、老後資金が減ることは確か。

優木さんはさらに「私たちには退職金もない。家計簿をつけたりすると、1ヶ月でも、ここはデリバリー頼まなくてもよかったなとか見直せるので(笑)、毎年シミュレーションし直してみるのは大事だなと。子どもが留学したいと言い出した時、お金がないから無理だよではなくて、大丈夫ためているよ!と言えるような計画はしていきたいです」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ