無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代の「一生ものジュエリー」エルメスのシルバーブレスレット編

ファッション

“一生ものジュエリー”に興味はあるけど、選び方がイマイチわからない、そんな悩みはありませんか? そこで編集部いちのジュエリー好きと自他ともに認めるベテランライター・まみさんと、一生ものジュエリーの選び方と楽しみ方について考えました!今回は、シルバージュエリーの最高峰ともいえる“エルメスのシルバーブレス”について紐解きます。

一生ものジュエリーを買う時の「3つのルール」

〈バックナンバーはこちら!〉

一生ものジュエリーVol.1 ポメラートのヌードリング
一生ものジュエリーVol.2ダイヤモンドのエタニティリング
一生ものジュエリーVol.3 カルティエのヌーべルバーグリング編

一生ものジュエリーVol.4

エルメスのシルバーブレスレット

上から、トゥアレグ、コリエ・ド・シアン、アルファケリー。すべてまみさん私物。

飽きのこない普遍性を備えた

比類ないシルバージュエリー

若い頃から、シルバージュエリーが大好きでした。ですが、若い世代向けの華奢なデザインが多いため、年齢を重ねるにつれ、なかなか大人に似合う辛口のデザインが見つからず、シルバー難民に。もちろん、エルメスのシルバージュエリーの存在は知っていましたが、バングルとなるとかなり高額なので、購入に迷いもありました。

数年前に、やっぱり1本は欲しい!そろそろ買い時かなと一念発起して、選んだのが〝コリエ・ド・シアン〟。その頃、ブレスレットやバングルなど手首周りのジュエリー使いが苦手でしたが、ブレスの重ね使いにとても興味があったので、思い切って購入してみました。

すると、そのあまりの使いやすさに、あれよあれよという間に3本に。

カジュアルな日はもちろん、ちょっとしたパーティにも外しアイテムとして活躍し、特に夏場はバングルやブレスレットを着けない日がないくらいに。バングルの重ね使いにも開眼しました。

実際使ってみると、人気の理由を実感します。それは、本物だけが持つ重厚感と飽きのこない普遍性。唯一無二のオーラを着こなしに与えてくれるんです。シルバーなのにお高いですが、やっぱりエルメスだからこその存在価値をありありと感じます。

おばあちゃんになっても、カッコよく着けられそう。シワシワになった腕に鈍く光るシルバーバングル、そんな未来が予想できます。ぜひ、自身のお気に入りデザインを探してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ