無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本気で彼氏がほしいなら!実践すべき「大人の恋のはじめ方」

彼氏いない歴が増えるにつれて、どんどん恋愛に臆病になってしまっていませんか?大人の恋愛には少しの勇気と覚悟が必要!早速今すぐ実践できる大人の恋のはじめ方をご紹介します。

2017年11月
恋愛・結婚

彼氏いない歴更新中…

「恋愛できない大人女性」が実は増えている

ふと気がつくと私って彼氏いない歴がかなり長くなってる!と感じたことはありませんか?

実は今、20~30代の女性に恋愛がご無沙汰になっている人が増えているそうなのです。出会いの場が少なかったり、仕事が忙しい現代の女性にとって、大人の恋愛は意外にも大きな関門。

だからこそ今知りたいのは、大人の恋愛の始め方。そこで今回は、20代や30代の大人女性が今すぐ実践すべき恋愛スタート術についてまとめてご紹介いたします。ぜひチェックしてみてくださいね。

①友人に「恋する」宣言をする

友人は良い恋愛に巡り会う後押しに

「彼氏がいないことを話題にしたくない」からといって、ついつい友人たちの前で、恋愛に興味がないふりをしていませんか?そんなのもったいない!

本当に仲の良い友達には「恋がしたい!彼氏が欲しい!」とあなたの意志を知っておいてもらうことが大切。そうすることで的確なアドバイスをもらえたり、友人を紹介してもらえる可能性が高まります。

恋愛がご無沙汰なのは決して恥ずかしいことではありません。ぜひ自信を持って信頼できる相手にあなたの決意を伝え、サポートをお願いしてみましょう。きっと大切な友人なら快く受け止めてくれるはずです。

②自分の「当たり前」に注意する

気づかないうちに減点方式で見ていない?

恋愛がご無沙汰という女性に多いのが、実は気がつかぬうちに男性を減点方式でジャッジしているというタイプ。また、出会う男性を「アリ・ナシ」で判断してしまう傾向にある人も要注意です。

まず大切なのはそうした自分の高飛車な態度を見直すこと。あなたが「ナシ」また「〜がダメだから付き合えない」と判断した男性は、別の角度から見るととても素敵な男性である可能性にも気がつくべきです。

当たり前が少ない人ほど恋愛が実る

また減点方式と同様に注意したいのが、自分の中で凝り固まった固定観念。

「男だったら〜して当たり前」「デートでは〜してもらうのが当然」など、当たり前が多い人ほど自分の首を締めていますよ。ぜひ今こそ初心にかえり、そうした「当たり前」を極力持たないよう心がけてみてくださいね。

③出会いの場は自分で作る

いつも誘われるのを待っていませんか?

あなたはこれまで自分で合コンなどを企画したり、自ら出会いの場に足を運んだことがありますか?もしその答えがNOなら、今こそそうした消極的な態度を変えるとき。

まずは自分で出会いがありそうなイベントに申し込んでみたり、友人や知人に紹介をお願いしてみたりと動くことから始めてみましょう。またそのハードルが高いと感じる人は、オンラインデートや出会いアプリを利用するのもおすすめ。

大人の恋愛は“自分で動く”ことが成功のカギ

たとえすぐには素敵な人に出会えなくても、「多くの異性に会うのは恋愛リハビリ」だと捉えれば、1回1回の出会いの場が有益なものに思えるはず。

出会いの数が多ければ多いほど、自分の好みのタイプや好意を持つ人物像が明確になり、より素敵な人に出会える確率が高まりますよ。素敵な恋愛をするためには、積極性が成功のカギ。ぜひ自ら動いて幸せを掴み取りましょう。

④条件ばかりに縛られすぎない

年収・身長・学歴に縛られると自分を見失う

好みのタイプを聞かれたとき、ついつい「年収は〜以上」「身長は高くないと嫌」「学歴は自分より上」と理想ばかりを伝えていませんか?

そうした条件にばかり縛られていると、肝心なところで本当に自分にとって大切なものを見失う可能性も。また同時に条件が高くなればなるほど、相手も同等に厳しい条件を求めてくるようになることも理解しておくべきです。

条件は1つ合っていればOK程度の気持ちで

だからこそ、条件はあくまでも基準の一つと捉えるべき。いくつかある中で一つ当てはまっていればいいか、と思えるくらいの心の余裕が欲しいですね。

条件に縛られすぎて、本当にあなたに合う素敵な人を見逃してしまっては意味がありません。心の底から好きになれる相手は、意外と条件を満たしていないもの。ぜひ自分の幸せのためにも、頭でっかちになるのは避けたいですね。

明日から大人の恋をはじめよう♡

恋をお休みするのは今日で終わり!

unsplash.com

ぜひ明日からは素敵な恋に向けて、自分で一歩踏み出してみませんか?

記事に関するお問い合わせ