無料の会員登録をすると
お気に入りができます

背が低くても大丈夫♡ミニーさんの「もっさりしない」冬コーデ術

冬服はニットやコートなどで着膨れしてしまい、バランスが悪くなってしまうことが多いですよね。特に低身長の方は、余計にそうなりがち。そこで、小柄のファッショニスタたちを例に、ミニーさんの冬服コーデ術を解説します。

2017年12月
ファッション

冬はコーデバランスが難しい…

小柄さんは特に気をつけて!

冬はニットやコートなど厚いアイテムが多く、着太りしてしまいがち。特に小柄の方は、もっさりとしてしまい、余計にバランスの悪いコーデになってしまいます。

Media?size=l
instagram.com

今回は、着こなしに定評のある155センチ以下のインスタグラマーさんやWEARISTAさんの冬コーデをピックアップ。身長が低くてもバランス良く着こなすコツをご紹介します。

①大人カジュアル「@moyooonn」さん

152センチの素敵なワーキングママ

Media?size=l
instagram.com

大人っぽいカジュアルコーデを目指したいなら、@moyooonnさんを参考にしましょう。152センチのワーキングママさんで、小柄とは思えないほどスタイルの良いコーデを提案してくれています。

ゆったりボトムスはハイウエストがマスト

Media?size=l
instagram.com

この冬もワイドパンツのようなゆったりボトムスが人気です。新しく買うならハイウエストがマスト。トップスをINすれば、脚長に見えて、冬でもバランスの良いスタイルになれます。

もったりトップスにはすっきりボトムスが正解

Media?size=l
instagram.com

トップスにボリュームがあるときは、すっきりとしてタイトなボトムスにすると、ゆる×ピタでメリハリのあるコーデになります。もったりニットには、ロング丈のタイトスカートで上品なカジュアルコーデに。

Media?size=l
instagram.com

同じく冬にぴったりなもったりニットには、タイトなスキニーデニムを合わせて、スタイリッシュなカジュアルコーデに。シンプルなのに、スタイルの良いメリハリコーデに決まります。

ショート丈ボトムスでバランス◎

冬はロング丈のボトムスを着ることが多いですが、あえてショート丈にしてみましょう。足元がすっきりとして見えて、バランスの良い着こなしになるんです。

Media?size=l
instagram.com

もったりニットも、ミニスカートならきれいめでもっさりとしないスレンダーな着こなしになります。

「@moyooonn」さんのInstagram

②メリハリおしゃれな「@ry.0123」さん

149センチのファッショニスタさん

Media?size=l
instagram.com

小柄でもメリハリのあるコーデを提案してくれるのが、身長149センチの@ry.0123さん。ファッションサイトのfifthとコラボしたスカートがあるなど、インスタグラマーさんを代表するファッショニスタです。

fifth×@ry.0123さんのコラボスカート

アウターとインナーのカラーメリハリコーデ

冬コーデではコートなどアウターがマスト。そこで、中の服と対照的な色を合わせると、メリハリのあるコーデになりますよ。こちらは濃いブラウンのコートに、淡い白のニット×プリーツスカートを合わせた濃淡コーデ。

Media?size=l
instagram.com

アウターを着れば冬らしいコーデに。アウターを脱げば洗練されたコーデにと、着脱で印象を変えられるのも素敵です。

明るい差し色でメリハリUP

冬コーデは白黒やグレーなど、落ち着いた色味を選びがちなので、地味でもっさりした印象になってしまいます。そこで、明るいカラーアイテムを差し色にすると、ぐっと垢抜けられるんです。

Media?size=l
instagram.com

グレーのファーコートに、黒のスキニー、グレーのスニーカーなど控えめカラーの冬コーデ。オレンジの赤ニットやファー小物をプラスすることで、明るいコーデに早変わりです。

ほどよい肌見せでヘルシー色っぽコーデ

冬コーデでも肌をさりげなく見せることで、ヘルシーな色気を漂わせる着こなしに。ニットのVネックでうなじをちらりと見せて。スカートのスリットで足をのぞかせて。

Media?size=l
instagram.com

コーデにVのラインがあると、縦長に見せることができ、スタイルアップできます。ぜひVネックのトップスや、スリットのあるスカートを着て、スタイルの良い大人コーデになりましょう。

「@ry.0123」さんのInstagram

③レイヤードの達人「@yun_wear」さん

153センチの人気WEARISTA

Media?size=l
instagram.com

153センチのインスタグラマー@yun_wearさんは、さまざまなファッションブランドから公認を受けるWEARISTAでもあります。重ね着が増える冬にはぴったりの、レイヤードスタイルが学べるんです。

ロングコートで縦ラインを作り出す

Media?size=l
instagram.com

小柄さんにはロングコートがおすすめです。体型をカバーしつつ、縦ラインを強調して、スタイルアップが叶います。ニット×タイトスカートのコーデも、ブラウンのロングコートできれいめスタイルに。

Dummy error 300x300
instagram.com

シンプルな白のニットワンピースも、グレーのロングコートを合わせることで、縦のラインが引き立つスタイリッシュな着こなしに。冬なら引き締めカラーの黒タイツを履くことで、足の細さが引き立ちます。

着脱で印象をチェンジ

アウターを合わせるなら、着たときと脱いだときで、コーデの印象を変えるとおしゃれの幅が広がります。

Media?size=l
instagram.com

こちらはライダースでCOOLな辛め大人カジュアル。アウターを脱ぐと、柔らかニットの素材感が強調されて、女性らしいロングスカートコーデになります。

Dummy error 300x300
instagram.com

グレンチェックのロングコートを着れば、マニッシュなクラシカルコーデに決まります。コートを脱げば、スカートのくすみレッドカラーが強調されて、レディライクなスタイルになるでしょう。

細見せポイントを見せる

スタイルの良いコーデに見せるためには、3つの首を見せる良いと言われています。それは首、手首、足首の3つ。冬コーデでもこの3点を見せることで、着膨れしがちなレイヤードコーデもスタイルアップできます。

Media?size=l
instagram.com

クルーネックのワンピースには、ノーカラーコートを合わせて首を見せて。手首は腕をまくるときに見せるとGOOD。足はタイツを履いてショート靴を履けば、足首を強調して細見せできます。

「@yun_wear」さんのInstagram

④上質な個性派コーデ「yuki」さん

152センチの元ZOZOモデル

wear.jp

人と被らないコーデを目指したいなら、WEARISTAのyukiさんを参考に。ZOZOTOWN着用レビューモデルを務めていた経験もあるファッショニスタで、個性派でありながら上質な着こなしが学べます。

派手ニットで目線を上に

個性的なアイテムを取り入れたいなら、冬らしいニットでトライ。目線が上に行くので、足を長く見せることにもつながりますよ。下半身の体型カバーをしたい方にもおすすめです。

wear.jp

こちらはボーダー×ファーのカラーニット。1枚着るだけでも個性が主張できますね。ボトムスはシンプルなワイドパンツにすることで、ニットのデザインが引き立ちます。

ワントーンコーデで統一感を引き立てる

wear.jp

個性的なコーデでも、全身のアイテムのカラーをそろえるワントーンコーデなら、統一感が出て上質な着こなしになります。超ロングアウターを合わせたこちらのコーデも、ネイビーにまとめることで落ち着いた雰囲気に。

wear.jp

冬らしいベージュのワントーンコーデも素敵ですね。ロングファーコートとワイドパンツというゆったりとした着こなしも、ワントーンでまとめればもっさりせずスタイリッシュに仕上がります。

ハイネックにはまとめ髪ですっきり

wear.jp

冬に出番が増えるハイネックのアイテム。首回りがもっさりとしないように、髪はアップスタイルがおすすめです。ハイネックのニットワンピも、髪をまとめるとすっきりきれいめな着こなしに仕上がっています。

wear.jp

タートルネックのボリュームニットにも、お団子ヘアでなら顔周りがすっきりとして小顔に見えます。今季トレンドのグレンチェック柄ワイドパンツを合わせて、流行も押さえているコーデです。

yukiさんのWEAR

サッとまとめただけなのに、なんか可愛い♡ざっくりまとめ髪8選

まとめ髪と聞くと少し手間のかかるイメージですが、くるりんぱや三つ編みなど簡単なアレンジをするだけでも今っぽいこなれ感のある"ざっくり"したまとめ髪ができちゃうんです! サッとまとめただけでも可愛いスタイルをご紹介します。
7234

重ね着をしてもバランスUPは可能です!

Media?size=l
instagram.com

155センチ以下のおしゃれさんたちのポイントを学べば、小柄さんでもスタイルアップできる冬コーデが楽しめます。ご紹介したコーデ術を参考にして、バランスのいい冬コーデを目指しましょう。

記事に関するお問い合わせ