無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横澤夏子:第2回「新米ママとして奮闘中!産後の家庭訪問に救われました」

子育て

現在8カ月になる娘さんのために工作をしたり、笑わせたりする動画をインスタに投稿し、話題になっているお笑い芸人でタレントの横澤夏子さん。産後1、2カ月目で子育てについて行き詰まってしまうこともあったと話してくれました。普段テレビで見るのとは違う、横澤さんのママとしての本音に耳を傾けてみましょう。

子どもが笑うツボを知りたい!

――子どもの前でぬいぐるみを動かしながら、歌を歌ってあげる動画をインスタにアップしていましたね。

やっている時間は本当にわずかなんですけど、子どもがとても喜んでくれたんですよ。子どもって本当にちょっとしたことで笑うから、「この子はどんなことをしたら笑うんだろう」という、笑いのツボを探したいんです! 「この子はなにがおもしろいと感じるんだろう」「どこでどういう感情になるんだろう」というのが知りたいです。

――子どもって意外なところで笑いますよね!

私がただ単に「え?」と驚いただけでも、すごく笑うんですよ! 驚いている顔がおもしろいのか、「え?」という声がおもしろいのか。驚いた顔をしただけでは笑わないんだな。「え?」という声だけでも笑わない。ダブルでやらないとだめなのか、とかね。

子どもを見ていて楽しいんですよ。新しいことをどんどんできるようになるから、飽きません。家事をやりつつなので、そんなに相手ができているわけでもないんですけど。

ベビーシッターとして子どもを見るのと、母親として見るのでは全然違った!

――家事をしながら子どものお世話をするのは大変ですよね。

子どもがハイハイしたり、つたい歩きをするようになって、「あ、ほこりがすごいから掃除しないと」と思って、朝から掃除をしています。

20代の頃にベビーシッターの資格をとって、実際に子どものお世話をしていたので、ある程度は慣れているつもりだったんです。でも、人の子どもを預かることと、自分の子どもをお世話することは全然違うんですよ。

――ベビーシッターとしてお世話をするときと、自分の子どもをお世話するときは、どう違いますか?

ベビーシッターをしていたときは、何時から何時までというスポットでみていたんですけど、母親となると24時間つきっきりですよね。それに、ベビーシッターは、お母さんから指示されたことをやっておけばいいけど、母親の場合は預ける前のおむつや離乳食作りから全部やらなければいけませんよね。しかも、休みはなし!

産後のモヤモヤ。区の産後家庭訪問に救われた

――産後数カ月の間はモヤモヤした気持ちがあったそうですね。

まず母乳がうまくでなくて、最初はどこに行ったらいいかもわからない状態だったんですよ。産んでからの1、2カ月は本当にひどくて、「この先、私はどうなるの?」という感じでした。ずっと涙が止まらなくて泣いているし、心の整理整頓ができない。自分がなぜ泣いているのかもわからない感じでした。

ネットで検索すると「かわいすぎて寝かせるのがもったいないです」というお母さんもいれば、「本当にやだ! 大変すぎる!」と言っているお母さんもいて。「私は神様みたいなお母さんにもなれないし、大変すぎるわけでもない。このモヤモヤを誰に言ったらいいんだろう」と思っていました。

産後1カ月目に、区の保健師さんが家庭訪問で来てくれたんです。そのときに「病院にいるときや、産後ケアセンターに行ったとき、私ヤバかったですよね! けっこうあのとき荒れちゃってて」といったら、その保健師さんに「みんな心配してましたよ!」と言われたんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ