無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは何色?カラー別べっ甲ネイルでおしゃれ上級者に♡

一目で季節感を演出できると人気のべっ甲ネイル。でもブラウンだけではないんです。赤やホワイト、ブルーなどのカラーでも、また違ったべっ甲ネイルを楽しむことができるんですよ。そこで、おしゃれ度がアップするカラー別のべっ甲ネイルデザインをご紹介します。

2017年12月
ネイル

実はレパートリーが豊富なべっ甲ネイル♡

#손스타그램 #겨울네일 #대리석네일 #마블네일 #tortoiseshellnails #marblenails #nails2inspire #instanails #nailstagram #gelnail #stonenails #冬ネイル #べっ甲ネイル #べっこうネイル #白べっ甲
instagram.com

冬の人気柄の一つでもある「べっ甲」ネイル。気品あふれる柄と、落ち着いたカラーで世代を問わず人気ですよね。でもいつもワンパターンになっていませんか。実は「べっ甲」ネイルはカラーやバリエーションが豊富なんです。

#호박네일 하기 좋은 날씨🍂🌜선선하니 살것같아요!

_

_
#가을네일 #마블네일 #셀프젤네일 #넬스타그램 #파츠네일 #심플네일 #autumnnails #tortoiseshellnails #秋ネイル #べっこうネイル #べっ甲ネイル
instagram.com

組み合わせるカラーでイメージが変わるのはもちろん、べっ甲自体にもカラーバリエーションがあるんです。そこで、定番のブラウンから赤、白、ブルーのべっ甲ネイルをご紹介します。

人気No.1「ブラウンべっ甲」

ふんわり仕上げで優しい手元に

卒業式の袴に合わせて*

17(金)16:00
22(水)13:30 16:00 18:30
23(木)13:30 16:00
24(金)16:00
28(火)11:00 13:30 16:00 18:30
ご予約取れます♩

#virth#lim#しまねいる#ショートネイル#nails#shortnails#べっ甲ネイル#押花ネイル#パーツネイル#キラキラネイル#卒業式ネイル
instagram.com

全面柄は一見すると、ハードルが高そうに思いますが、ふんわり仕上げにすることで品良く見せてくれます。また、肌馴染みもよいので、柄ネイルが初めての人でも取り入れやすいのがポイントですよ。

ワンポイントでも存在感のある指先に

✎2017.9.25
平日のさりげゴールドのべっ甲ネイル✧
一つ前のpostした休日ネイルの一部を#WG7 にアレンジして#着せ替えネイル しました♩
アッシュグレーを追加して、少し大人しめにしたつもりです(´◡͐`)
次はマスタードをボルドーにしようか、ピンクにしようか迷い中です…。
ネイルの詳細はブログにアップします❁
@cinontio_nail
#ネイル#セルフネイル#セルフネイル部#ショートネイル#nail#shortnails#cinontionail#네일아트#네일#美甲#指甲油#ハンドネイル
#秋ネイル #べっ甲ネイル#さりげゴールド #ロカリネイル #autumnnails #MsNail #エムズネイル #オフィスネイル #OLネイル #しずくプチギフト
#HOMEI #ホーメイ #ウィークリージェル 
#WG7 #WG23 #NE6 #NE23
@homei_nail 
@msnail_net
instagram.com

小物だと難易度の高いべっ甲柄も、ネイルにプラスすることで、気軽におしゃれを楽しむことが出来ますよね。ワンポイントで施すだけでも存在感と季節感を発揮し、印象的な手元にチェンジします。

シアーカラーで抜け感をプラス

itnail.jp

肌馴染みのよいグレージュと、ブラウンべっ甲の相性は抜群です。べっ甲に透け感があるので、全面塗りでも重たくみえる心配もありません。アクセントのスタッズもエレガントさをプラスしてくれます。

女子力を上げるなら「赤べっ甲」

女っぽカラーで冬ファッションの差し色に

お客様nail☆
赤べっこうに挑戦!
今年っぽくちょっとテラコッタ寄りに♪
・
・
#nail#ネイル#nailart#ネイルアート#naildesign#ネイルデザイン#gelnail#ジェルネイル#네일#젤네일#nailsalon#ネイルサロン#miel#神戸ネイルサロン#パラジェル#paragel
#べっこうネイル#べっ甲ネイル#赤べっこう#赤べっ甲#ベージュネイル#大人ネイル#秋ネイル#autumnnails
instagram.com

大人っぽくしたい、リッチに見せたい、そんな時に大活躍なのが赤べっ甲です。小物だと難易度の高いべっ甲柄も、ネイルなら簡単に取り入れることができます。ファッションの差し色として楽しめること間違いなしです。

記事に関するお問い合わせ