無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セブン、2分焼くだけで劇的にウマくなる「菓子パン」5選

グルメ

さらに、マーガリンがつぶあんに溶け出して、甘さがより引き立っているのがポイント。外はサクサクで中はしっとり、まるで出来たてのパンのようだ。

関連記事:食べたら中身に驚く ファミマの名品「プリンぱん」復活にネット歓喜

食べたら中身に驚く ファミマの名品「プリンぱん」復活にネット歓喜

■カリカリ食感がたまらない

惜しくも2位となってしまったのは、ふわふわ生地のフランスパンとなめらかな練乳クリームとの相性が抜群の「練乳ミルクフランス」(税込140円)。こちらも2分焼くと、表面がこんがりサクサクに。

一口食べると、「カリッ」と音を立てるほどクリスピーになっていた。中の練乳ミルククリームは熱のせいでやや液状化しており、それがフランスパンに染み込み、一段とうま味が増している。

もともと甘みが強いパンに香ばしさがプラスされ、クドくならず食べ切れる。ただ長所であり短所であるのは、クリームが液体化して溢れまくること。うまく食べ切れれば最高だ。

■ここまでウマくなるの?気になる1位は…

栄えある1位に輝いたのは、「チョコレートのバブカ」(税込149円)。

バブカという聞き慣れないワードから、SNSを中心に話題となった商品である。ちなみにバブカとは、パンの中に甘いチョコレート味のペーストが巻き込まれたロールパンを指す。

2分焼くと表面がパリパリになってきて、見た目からすでにおいしそうだ。写真ではチョコと焦げが合わさっているので真っ黒に見えるが、実はそんなに焦げてはいないので苦味は皆無。

肝心の味はというと、サクサク食感が強くなったデニッシュ生地と、しっかりとした甘さのチョコクリームが口の中に広がる。甘いのに食べていてしつこくならない不思議な味だ。コーヒーなどの苦い飲み物との相性は抜群だといえる。

大満足の5商品。トースターで焼くだけで、そのまま食べるよりもさらにおいしく進化するので、気になる人は一度試してみてはいかがだろうか。

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太)

小野田裕太
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ