無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬、誰でも手足ポカポカ…ベッドで寒い思いをしない6つの方法

手足が冷たくてなかなか眠れない…そんな悩みのある方は数知れず。でも、体質だから…と諦めるのはまだ早い!
今回は、睡眠や入浴など夜のケアで、多くのプチ不調や美のお悩みを解決してきた、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、どんな方でも、寝る前に手足をポカポカ温かくする方法を紹介します。

文・小林麻利子

美容

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 115

寝る前に手足が冷たい女性は約7割
冷たいのは体質ではなく、「習慣のミス」

20~30代のanan総研65名に「寝る前の手足は冷たいですか」と調査(2017年12月)したところ、69%の方が「はい」という結果になりました。多くの女性が、自分は末端冷え性の「体質」であると考えているようですが、実はシンプルに「習慣のミス」。手足の血管が収縮して血行が悪くなっている状態は、体の内側の温度が下がらないようにしている体の仕組みなだけなので、寒い季節では当たり前のことです。

ですが、寝る前に、その状態を放置するのは大変危険! なぜなら寝る前に体の内側の熱が下がらないと私たちはぐっすりと熟睡することができなくなるからです。

手足の冷えを放置すると寝つきが悪くなる

私たちは、体の内側の体温が低下することで睡眠に入り、内側の体温が上昇することで起床をします。例えば、冬眠するクマは体温が極限まで低下し、休息モードに切り替えます。ヒトも同様に、体の熱が外に放散されないときちんと眠ることができないのです。そのため、熱を放散させるためにも手足の末端や体表面の血管が開き、血液循環をよくする必要があるのです。

寝る前の手足を温かくする方法は?

寝る前にポカポカと手足や体表面を温かくする方法は6つ。いつも冷えて眠れない……と嘆く方は、そのまま放置せず、具体的に対策をしましょう!

1.「正しく」お風呂に入る

20~30代のanan総研65名に調査(2017年12月)したところ、この真冬の寒さでも、女性の約40%が週1回以下しか湯舟に浸かっていない結果が出ました。最も効率よく体を温める方法は、日本特有の文化「お風呂」です。特に寒い季節は毎日湯舟に浸からないともったいないです。とはいえ、お風呂を洗うのが面倒だったり、そもそも時間がない方も多いことでしょう。

そんな方は、空の浴槽に詮をしてしゃがみ、シャワーで頭や体を洗いながらお湯を溜めましょう。お湯が溜まるにつれて体はポカポカ温まりますし、同時に洗髪もできるので時間がない方でも問題なく浸かることができます。

また、『美人のつくり方』過去記事でもご紹介したように、いつものお風呂の手順をほんの少し変えるだけでも大変効果があります。ぜひ参考にしてみてください。

記事はコチラ。

「男が萎える“手足の冷たい女”から“ポカポカ女”へ! 眠りも変わる簡単テク」

http://ananweb.jp/column/kobayashi-bijin/141504/

2.入浴後すぐに靴下とレッグウォーマーを履く

入浴後は、足もとから熱が奪われてしまうので、すぐに靴下とレッグウォーマーで保温しましょう。ただ、既に脱衣所が寒い場合は、扉を閉めて風が入らないようにしたり、脱衣所に暖房器具を設置して温めてください。就寝時は、レッグウォーマーはしたままで、靴下だけ脱いでお休みしましょう。足先から熱が放出され体の内側の熱が下がりやすくなり、寝つきがよくなります。

ちなみに靴下を履かないと眠れない方は、既に足先から熱が逃げたあと。血管が収縮して体の内側の熱が下がりにくくなるので、お風呂の手順から見直してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ