無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱・ファンデーションの厚塗り!コンシーラーの選び方・使い方をマスター

悲しいかな、シミやクマ、ニキビ跡など、肌には気になる色ムラが存在します。そんな肌の色ムラ悩みを一掃してくれる、力強い味方が“コンシーラー”。大切なのは悩みに合わせて、タイプを選ぶこと! 美人肌を目指して今日からコンシーラー使いをマスターしてみませんか?

2018年1月
メイク

スポンジを使ってなじませる

きちんと密着していないとヨレやくずれの原因に。スポンジを使って、軽く押さえるようにしてなじませます。肌をこすらないようにするのがポイント。

老け感を作るシミやニキビ跡の赤みには…

固形で色が調整しやすいパレットタイプがおすすめ

隠したい肌悩み№1といえばシミ。ひとつあるだけで老けたようで、気になります。またニキビ跡の赤みもポツンと目立ち、きちんとカバーしたい悩みのひとつ。

しっかりと隠したいシミやニキビ跡の悩みは、カバー力の高い固形タイプのものがおすすめ。明るめと暗めなど、2、3色がセットになっているパレットタイプなら、色を調整しやすく、より自然なカバー力で肌悩みを消し去ってくれます。

コンシーラーを塗った境界線をぼかす

シミの濃さ、大きさ、色は人それぞれ異なります。自分のシミの色に合わせて、色を調整することが大事。ワントーン暗めの色に調整すると、自然な仕上がりになります。

パレットの筆やチップにコンシーラーを取り、手の甲などで色を混ぜて調整。シミの部分に少し広めに置き、コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の肌の境界線を、軽く指で叩き込むようにしてぼかし、なじませます。

ニキビ跡は周囲に塗って隠す

ニキビ跡の赤みは炎症によるもの。刺激しないように、ニキビ跡の部分には直接コンシーラーを塗らず、周囲に沿わせるようにコンシーラーを置きます。

指で軽くタッチしながらなじませる

そのあと、指でトントンと軽く叩くようになじませます。そして上からパウダリーファンデーションをのせると、気になる赤みが消え、自然に仕上がります。

肌から色ムラが消え、透明感アップ

Hair&Make Up:Jun Yoshimura(LA DONNA)
記事に関するお問い合わせ