無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大きく見せるつもりが逆効果!勘違い「デカ目メイク」&解決テク3選

こんにちは、mimiです。目を大きく見せたくて、メイクの時は様々な工夫をしている人が多いと思います。でも、実はやり過ぎて目が小さく見えてしまうことがあるって知っていましたか?今回は、勘違いデカ目メイクと解決テクニックをご紹介します。

メイク

NGメイク1:粘膜を埋める下まぶたメイク

下まぶたの粘膜をアイラインで囲ってしまうと目がキュッと小さく見えてしまいます。

解決テク

下まぶたはブラウンのジェルライナーや濃いめのアイシャドウで黒目下から真横に引いたあと、綿棒でぼかすと自然で印象的なアイメイクになります!

ゴールドや赤などのジェルライナーを使うと華やかさも出るのでオススメです。

NGメイク2:濃いアイシャドウをたくさん重ね過ぎたメイク

目の印象を強めたくて、濃いアイシャドウを重ね過ぎると、引き締め効果により目が小さく見えます。

解決テク

アイホールには明るめのカラーを使い、濃いカラーは目尻にのみ乗せるのが良いです。そうすることでアイメイク全体にまとまりが出て、さらにまつ毛もしっかり強調されるのでパッチリとした印象になります!

目元が強くなり過ぎないように涙袋にハイライトを入れてあげるとさらに仕上がりが綺麗です。

NGメイク3:不自然なアイライン&三角ゾーンに濃いアイシャドウを塗り過ぎたメイク

タレ目に見せたいからとガクッと下げ過ぎたアイラインは不自然過ぎますし、目が小さく見えてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ