無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かっこよすぎ! 女性映画ライターが推すとっておきの海外俳優4人!

エンタメ

『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』!

【映画、ときどき私】 vol. 137

突然発症した先天性の病気が原因で95%の視力を失ってしまった青年サリー。それでもホテルマンになるという夢を叶えるため、目が見えないことを隠したまま5つ星ホテルの研修生として働くことに。本作は、サリーの奮闘する姿を笑いあり涙ありで描いた感動作です。

原作者はなんと15年もの間失明していることを周囲に秘密にしていたそうですが、ハンデを克服するために血のにじむような努力をしてきた彼の半生には、誰もが心を動かされるはず。そんなサリーに魅力を与えているのは、主演を務めたこの方……。

コスティア・ウルマン

演劇監督のドイツ人の父とインド人バレリーナの母を持つハーフということもあり、エキゾチックな雰囲気のコスティア。子役時代からキャリアをスタートさせている実力派で、ドイツでは同世代のなかではもっとも知られている俳優のひとりとも言われているほど。本作で見せる何事にも全力で向き合うまじめさとチャーミングな笑顔には、誰もがキュンとなること間違いなしです!

続いては、サリーの親友であるマックスを演じたこちら……。

ヤコブ・マッチェンツ

ドイツ人イケメンと聞いて、青い目に金髪を想像した人も多いかと思いますが、まさにそのイメージ通りのヤコブ。劇中ではプレイボーイの役ということもあり、女たらしではあるものの、どこか憎めない愛嬌には思わず引き込まれてしまうはず。スーツ姿も、おしゃれな私服姿もキマっているので、お見逃しなく。

本作ではそんな2人が繰り広げる熱い友情も見どころですが、恵まれた環境にいるとつい忘れがちなことや夢を持つことの大切さ、そして努力することの意味を思い出させてくれます。

続いてご紹介するのは、2016年度のドイツ映画興行収入でNo.1を記録するほどの大ヒットとなった注目作。それは……。

『はじめてのおもてなし』!

難民の青年との出会いをきっかけに、ある家族がそれぞれの人生を見つめ直すさまを映し出した心温まるコメディ。ドイツでも大きな議論を巻き起こしている難民問題をシリアスに描くのではなく、誰もが抱えている身近な問題を交えながらユーモアたっぷりに描いており、幅広い層から共感を得ている作品です。

そのなかで、一家の長男を演じているイケメンとは……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ