無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失敗知らずでほんのり甘い大人の目元!オフィスもデートも赤みブラウンが無敵

自然な陰影でホリ深な目もとに仕上げてくれるブラウンのアイカラー。肌なじみがよく、どんなシーンにも間違いのないカラーとして不動の人気を誇ります。最近はカラーバリエも増え、おしゃれ度もアップ。とくに赤みのブラウンは、ほんのり色っぽく、おすすめのカラーです!

メイク

②まぶたの中央と目頭に

③アイホールの丸みに沿ってオン

④上の二重幅よりやや広めに

⑤下のまつげの際になじませる

ポイント1 指を使ってフィットさせる

明るく、繊細な輝きの②のカラーは指を使って、まぶたの中央に入れます。きちんと肌になじみ、目の丸みが強調されることで、メリハリのある表情が生まれます。

同じく②のカラーは、目頭にも。指でサッとひとなでするだけで、輝きがプラスされ、グッと吸引力のあるまなざしに。

ポイント2 下まぶたのラインが色っぽアイの決め手に

下の目の際に赤みの色をプラスすることで、うるんだような、色っぽい目もとに仕上がります。目頭から目尻まで、チップを使って入れてぼかし、にじんだような感じに仕上げるのがコツ。

ラインあり、ラインなしを比較

下まぶたににじんだように色が入ることで、表情に色っぽさがプラスされます。ラインだけが目立ちすぎないように、きちんとなじませることが大事。

ほんのり甘く、やさしく誘惑

Hair&Make Up:Jun Yoshimura(LA DONNA)

難しいテクニックは必要なく、色を重ねていくだけで、魅力的な目もとが完成します。全体はナチュラルだけれど、ちょっぴり色っぽく、華やか。いつものブラウンメイクが格段にアカ抜けます。

Close up! 色はしっかりなじませ、輝きは上品に

5色使っていても、それぞれの色の相性がとてもよく、自然な仕上がりに。上まぶたの中央と目頭に入れた輝きも、悪目立ちすることなく、肌になじみ、繊細にきらめきます。

記事に関するお問い合わせ